インターンに受かる方法。エントリーシート(ES)に使える志望動機の書き方

インターンに受かる方法。エントリーシート(ES)に使える志望動機の書き方

インターンの書類選考

人気企業のインターン(インターンシップ)には、エントリーシート(ES)の提出も求められます。今回はエントリーシートに使える志望動機の書き方を、徹底的に解説します。

 

志望動機はエントリーシートの軸

インターンに参加する際、応募多数の人気企業ではES(エントリーシート)の提出が求められます。ESは企業が自由に考えて作成できるため、応募先によって内容が異なりますが、必出のテーマに「志望動機」があります。

また他の質問にも志望動機が関係する内容が問われる可能性があるため、志望動機のコンセプトをきちんと作り、臨機応変に対応することが求められます。

志望動機を書く前に、企業研究をしよう

志望動機を書く前に、まずは企業の研究をすることが大切です。事業内容・取り扱っている商品やサービス・インターンの内容、これらの3点は押さえておいた方が良いでしょう。

事業内容が多岐にわたる場合は全体構造を把握しながらも、自分の志望する部署に関して詳しく調べておきます。企業の得意分野や今後の方針を理解していれば、採用担当者の心に訴えかける良い志望動機が書けます。

書き始めるのはまだ早い、志望動機のアイデアを挙げていこう

まずは志望動機に書くアイデアを箇条書でたくさんリストにあげていきましょう。
その企業やインターンに興味を抱いた理由・インターンに参加する目的などを書き出していきます。「アルバイトがきっかけで業界に興味をもった」「営業職のノウハウを学べるインターンに参加したい」「商品が好き」など、短い文章で構いません。

次に挙げたアイデアの中から、実際に使うものを絞っていきます。インターンの内容とマッチし、話を膨らませられそうなものを選ぶことがコツです。さまざまな要素を盛り込むと内容が薄くなってしまうので、1~2つ程度に絞りましょう。

絞り込めない人は、志望動機をいくつかのパターンに分けて書く方法が便利です。企業分析を主軸に自分の志望動機を書く「企業分析型」、熱意を伝える「熱血型」、失敗談から成長したことを書く「自己成長型」などパターン別で実際に志望動機を書いてから最も良いものを選びます。

ESでの【志望動機の書き方】は結論と経験の2つのポイント

志望動機を書くときに気を付けることは結論を最初に述べる、そして、経験を交えてオリジナリティーを出す、このたった2つのポイントだけです。

結論を最初に述べることで分かりやすい文章となります。採用担当者の中には志望動機の冒頭しか見ないこともあるほど、重要な部分です。

「御社の○○という今回のプログラムが自分の勉強している●●に適していると思い参加を希望しました」というように、企業やインターンへ興味を抱いた理由とインターンに参加する目的を組み合わせれば結論として使えます。

結論の後に「なぜなら●●です」。と「具体的な経験」を交えたエピソードを語ることで、説得力が増します。

経験はあなたしか体験していないもので、オリジナリティーを出すことができるからです。他人との差別化を図り、採用担当者へアピールします。「○○のアルバイトをしていた際、○○○があり、御社の○○○に関して興味をもちました~自分も将来は○○○したいと思います」などが例として挙げられます。

最後の仕上げも大切。ブラッシュアップして完成度の高い志望動機へ!

志望動機を書いて終わりではありません。最後に自分の書いた志望動機を「文章構成」・「文の長さ」・「失敗談だけになっていないか」の3点をチェックして、ブラッシュアップしていきます。

さら内容のポイント「結論」「理由」「オリジナリティー」の3点をチェックしましょう。


読み人が見やすみせることを心掛ける

エントリーシートの志望動機はフリースペースのケースが多いので、真面目な人ほど改行せずに書いてしまいがちと言えるでしょう。記入欄を埋めることも大切ですが、採用担当者へ読んでもらうためには見やすさも気を付ける必要があります。

一文が長過ぎると読みづらい志望動機になってしまうので、一文に読点は1~2つ程度にしましょう。読点が3つ以上ある場合はどこかに句点を入れて文章を分ける、または不要な部分を削るのが得策です。また、読みやすいように適宜改行を使って見やすいように心掛けましょう。

主語をきちんと書こうとして「私が」を連発してしますも避けましょう。短い文章の中で「私が」「私は」が多いと、言い回しがくどいと読み手が感じます。

意外と間違えやすいのは失敗談だけを書いて終わってしまう志望動機です。失敗談を書くときは、「失敗から何を得たのか」を書くことがポイントとなります。マイナス要素をプラス要素に変換してアピールすることがコツです。ESの志望動機は準備と仕上げが非常に重要なので、段階を踏んで書いてみてください。
■志望動機が書けない。そんな就活生のためのテクニック
■「志望動機」の書き方。就活のエントリーシート(ES)編(例文あり)

↓インターンまとめ記事も要チェック!↓
■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。