インターンシップのエントリーシート自己PRの書き方

インターンシップのエントリーシート自己PRの書き方

インターンの書類選考

学生が企業内で仕事の体験ができるインターンシップ。職業体験といっても、いわゆる人気企業は選考があり、エントリーシートの提出はもちろんのこと就活本番さながらの面接が実施される企業もあります。ここでは、書類選考のエントリーシート(ES)での質問の定番「自己PR」の書き方に関して、まとめます。

1.インターンのESに記載する自己PRの考え方

 

インターンシップの選考で提出するエントリーシートでは、いくつかの気をつけたいポイントがあります。まず、インターンは学生の職業体験です。企業側は、将来、優秀な学生を将来的に確保したいとの思いもありますが、本質は学生に仕事を経験してもらい、成長してもらいたいと考えています。大切なのは、インターンの目的です。あなたはインターンで何をみにつけたいかを考えてみましょう。

 

1.インターンの自己PRは、自分の特徴を知ること

 

まずは、自分の性格を考えましょう。自分にはどんなところがあるのか、紙に列挙してみましょう。周囲の人に聞いてみるのもあたらしい発見があるかもしれません。長所でも短所でも、かまいません。短所は裏返せば長所になります、例えば「優柔不断」は「慎重に考えて行動する」であったりします。

 

2.具体的なエピソードで肉付けする

次に、「何故、それが自分の特徴と思ったのか?」を考えましょう。周囲の人に教えてもらった性格ならば、何故、周囲の人に、そのように思われたのか自分の行動を考えて見ましょう。本人の行動や経験を具体的なエピドーソにまとめておきましょう。

 

3.インターンの目的を考える

インターンは学生の職業体験です。企業側は、将来、優秀な学生を将来的に確保したいとの思いもありますが、本質は学生に仕事を経験してもらい、成長してもらいたいと考えています。このインターンを通して、何をしたいのか? 何を身に着けたいと考えているのかを、最後に記載するとキレイに文章がまとまります。

志望動機と内容が同じになってしまう場合もあり、記載スペースに余裕がない場合は、志望動機側に記載しても良いでしょう。

 


2.自己PRを書く際の注意点

 

大切なことは、相手が読みやすい文章にすることです。直筆の場合は、小さな字で書いたり雑な字で書いたりしてはいけません。字が下手な人でも丁寧にかけ気持ちは相手に伝わります。

そして、書き終えたらば、誤字はないか、「です」なのか「ます」なのか、文体の統一を確認しましょう。

 

表現に関しては、以下3点に注意しましょう。

・文章の書き始めは、「私は●●人間です」「私の強みは●●です」とまずは結論から記載すること

・「よく●●と人に言われます」は避けたほうが良いでしょう、それならば「私は●●です」といいきりましょう。主体性がないと思われます。

・文章の中に「私は」というフレーズをたくさん使わないように、短い文章の中に「私は●●で」「そのとき私は●●して」のような文章は、「我が強い人」と思われてしまうかもしれません。

 

最後に、文章を書くのはなかなか難しいものです。友人とお互いチェックしてみるのもおすすします。

↓インターンまとめ記事も要チェック!↓
■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。