インターン希望者必見。書類選考に通る履歴書の書き方

インターン希望者必見。書類選考に通る履歴書の書き方

インターンの書類選考

インターンシップに応募をするときに履歴書は必要です。選考に通りやすい履歴書を書くことは、スムーズに就職活動を進めるに当たって非常に重要なポイントになります。就活生は、エントリーシート(ES)だけでなく履歴書対策にも力を入れておきましょう。

インターンの履歴書、エントリーシートの違いは?

履歴書が文字通り「履歴」=今までのあなたの歴史を記載するものです。例えば、学歴であったり、取得した資格であったり、住所であったり、特技や部活だったり、データを取得するものです。文章が要求される志望動機欄や自由記入欄などもありますが、多くの文字の記入スペースは割かれていません。一方で、エントリーシート(ES)は、データではない、あなた自身の人となりや考え方を文章で表現することに重点が置かれています。

■似ているようで実は違う。エントリーシート(ES)と履歴書の違い

担当者は履歴書のどこを見ている?

インターンに応募する際、履歴書のみ、エントリーシートのみ、両方の提出を求められるなど企業によってさまざまです。なかには、履歴書のみで一次書類専攻を行うこともあります。この場合は学歴フィルターと見て良いでしょう。

企業側の履歴書の使い方は、面接時の質問ネタのベースとして使います。例えば「○○の資格はどうしてとうろうと思ったのか?」「読書が趣味ですね。好きな作家は?」などです。ですので、質問されることを前提に、履歴書欄を記入するとよいでしょう。留年や浪人は、あまり長くない限り気にはされません。長い留年や浪人に関しては、質問をされるかもしれませんので対策をたてておくと良いでしょう。

 

成功のカギは履歴書の選び方にアリ!

市販の履歴書を用いる時には、様式に注目するのが1つのコツになってきます。現在発売されている履歴書は、メーカーによって欄の構成がかなり異なります。商品によって記載出来る内容にも違いがありますので、インターンに応募をする時には自分に合った履歴書をじっくりと選ぶのがベストです。

 

実務経験をほとんど持たない学生の場合は、職務経歴欄などは基本的に不要です。職務経歴欄が付いた履歴書は、主に中途採用を希望する転職組が利用する商品です。

新卒の学生さんは、趣味や得意な科目、性格などを記入する欄が設けられた履歴書を選ぶのがベターです。一部の商品には、長所や短所、アピールしたい成功体験などを記入出来る欄が設けられています。大学の生協には就活用の履歴書が販売されているので、それを利用するのが無難です。

エントリーシート不要で履歴書のみの応募形式の場合、ESに近い内容を盛り込んで応募書類をまとめることが出来るので効果的な自己PRができるでしょう。ES、履歴書両方が必要な場合、記入項目かぶってしまうこともあると思います。例えば両方に「志望動機欄」がある場合など、項目欄の大きさに合わせて文章の長短を調整しながら内容にブレがでないように記載しましょう。
効果的な自己PRが出来る履歴書を選ぶことは、書類選考を突破するための第1歩です。

 

インターンの履歴書、要点をまとめる工夫が必要

履歴書を送ってインターンに応募をする場合は、記載する文章を推敲する必要が出てきます。一般的なA4版の履歴書は、各欄を数行程度の文章で記載しなくてはなりません。この程度の文章だと、盛り込める内容はかなり限定されます。ですので、伝えたい内容が多い時でも優先順位を決めて記入する必要があります。1番アピールしたいトピックを取り上げて記載すると、読む側も混乱せずにその方のパーソナリティが理解出来ます。履歴書に関しては書く内容を欲張り過ぎないということも、押さえておきたいポイントです。

志望動機の欄も、メッセージが伝わるように出来るだけ簡潔に分かりやすい内容でまとめたい所です。エントリーシートに比べると記入欄が小さい分、履歴書は少し書き方に工夫が必要になる書類なのです。

 

履歴書は見た目も重要。読みやすいレイアウトで印象アップ

応募書類を書く時には、読みやすさを意識することが重要です。各欄に適度な余白を設けて、読みにくさを解消するのがコツです。隙間なくびっしりと書き込まれている履歴書は、場合によっては読みにくい場合があります。字が小さいと最後まで読んでもらえない可能性が出てきますので、損をしてしまう状況も考えられます。確実に読んでもらえるようにするには、文字のレイアウトにこだわりましょう。

数行に渡って情報を羅列していく学歴の欄は、特に文字のバランスが目立ちます。文頭をきっちりそろえるだけでもかなり見やすくなることから、記入の際には定規を使うなどの方法でレイアウトを整えると効果的です。履歴書は、空欄が目立ちすぎてもやる気のなさを疑われてしまいます。従って、書き進める時には余白と文字の部分のバランスを折に触れて見ておくのがおすすめです。


自由な視点で履歴書を見直してみよう

履歴書の内容は、その人物のこれまでの経歴をメインに構成されています。これをそのまま普通に記載すると味気ないものになりがちですが、要所要所に工夫をこらすことで、面接官の関心を買ったり質問を誘導することもできます。例えば、趣味欄で、単純に「読書」と書くだけでなく「ミステリー」や「SF」さらに作家名など具体的に記載することで、同じ趣味を持っている面接官ならば「共感」を引き出し、そのジャンルに関する質問で盛り上がるかもしれません。

資格欄に今勉強中の資格を記載するのもよいアピールになるでしょう。提出する前に仕上げた履歴書を読み直してみて、今一度内容をチェックしてみると新たなアイデアが思い浮かびやすくなります。指定されている内容を自分流にアレンジすれば、履歴書だけでエントリーシート並みの自己アピールをすることも不可能ではないのです。
インターンに最適な意欲や熱意を備えている所を、履歴書の各項目を最大限に利用して伝えていきましょう。

↓インターンまとめ記事も要チェック!↓
■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。