インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)

インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)

インターンの職種

長期インーターシップを探していると、インターンにもさまざまな職種で応募があることが分かります。企画やマーケティングや営業・・・。では、実際どのような体験ができるのでしょうか?

今回は、職種ごとにどのような仕事をして、どのような経験、スキルが身につくのかをまとめました。インターン選びの際に参考にしてください。

社会人としてのマナー、コミュニケーション力を鍛えるならば営業のインターン


営業で要求されることは、人と接触すること「お客様」と接触することにあります。接客だったらアルバイトで経験があるという学生も多いかと思いますが、インターンにおいては「企業」と「企業」のコミュニケーションを経験することになります。

電話応対のマナーや名刺交換、社会人にとっては必須の知識を学生のうちから身をもって経験できることがまず挙げられるメリットです。

■営業インターンについてもっと詳しく知る!

PDCAを体験できるマーケティングのインターン

マーケティングと言われても、ぴんと来ない学生は多いもの。それもそのはずで、顧客と交渉する営業とは異なり「商材を売る仕組みを考える」職種ですのでなじみが薄いものです。

データリサーチや宣伝広告の作成など多岐にわたる仕事をこなすなかで、〈PDCAサイクル〉すなわち、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の意識を身につけることができます。就活のみならず日常生活でも大切になるスキルです。

■マーケティングインターンについてもっと詳しく知る!

企画のイメージは実際と違う? 企画職のインターン

「企画」といえば、アイデアをひねり出すクリエイティブな仕事、という印象を持たれる学生も多いでしょう。しかし実際は、経営企画、商品企画、営業企画、マーケティング企画、編集企画、販促企画などさまざまな「企画」という名のつく業務があり、一概には定義しづらいものです。

しかし共通して言えるのは、企画書をつくり、社内・社外の人間に提案し説得するプレゼンテーションスキルが身につきます。プレゼンテーションソフトの使い方はもちろん、データ分析や要点をまとめて話す技術も学ぶことができます。

■企画インターンについてもっと詳しく知る!

オフィスワークの基礎 事務職のインターン

インターンの事務職は、会社の内外で使用する書類の作成や、関係各所との連絡を主に行うデスクワークです。

もちろん、会社によっては業務範囲は異なりますが、書類やデータの整理、各部署とのコミュニケーションなど汎用性の高い技能を身につけることができます。

■事務職インターンについてもっと詳しく知る!

デザイン職で就活を有利に進めよう

新卒者を採用するデザインの会社も一定数存在しますが、できれば即戦力となるような技術を持った学生を望んでいるのが現実です。

インターンでの実務を経験する中で、世の中に出ている商業プロダクトを自身の事例として提出できることは、就活において大きなアドバンテージになります。

■デザイナーインターンについてもっと詳しく知る!

高収入で採用に近い エンジニアのインターン

WEBサービスが興隆の現在では、エンジニアの仕事が多く、人手不足の傾向があります。エンジニアの長期インターンの報酬は、通常のインターンと異なり高額に設定されていることが多いです。

企業にとっては、エンジニアの確保は重要な課題であり、学生のうちに教育をしながら自社に囲い込みたいネライがあります。採用に最も近いインターンといえます。

■エンジニアインターンについてもっと詳しく知る!


ほかのまとめ記事もチェックしよう

キャリアゲイトではこのほかにも、インターンの基礎知識や書類のコツなどもまとめて掲載しています。是非一度チェックしてください。

■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)

■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。