インターンのデザイン職って何をするの? 身につくスキル

インターンのデザイン職って何をするの? 身につくスキル

インターンの職種

インターンのデザイン職。将来デザイナー職で就職したい学生はチャレンジしたいですよね。ここでは、インターンのデザイン職で実際に行う業務や身につくスキル、就職活動へのメリットなどを解説します。

インターンをポートフォリオ作りに役立てよう

新卒者を採用するデザインの会社も存在しますが、できれば即戦力となるような技術を持った学生を望んでいるのも現実です。

選考試験で、企業から要求されるのは、ポートフォリオです。デザイナーを志望する学生にとって、悩ましい問題ですが、インターンの参加はポートフォリオの作成に役に立ちます。

インターンでの実務を経験する中で、世の中に出ている商業プロダクトを自身の事例として提出できることは、大きなアドバンテージになります。

 

デザイナー志望の人がインターンに取り組む意義

もちろん大学や専門学校でデザインを学ぶ人や独学でデザインを学んでいる人も多いでしょう。しかし、実務でなければ習得できないことも多いのは確かです。

デザインはユーザーに直接影響を及ぼすため、クライアントからの厳しい要求に応える必要があります。デザイナーに対しては、きちんと結果に結び付くようなスキルが要求されます。

インターンの業務を通じて、クライアントの課題をデザインで解決する経験は貴重といえるでしょう。

インターンではどんな仕事内容を経験するのか

では、実際、デザイン職のインターンシップの仕事内容はどのようなものでしょうか。

一言で、デザイナーと言ってもいくつかの職種があります。デザイナーとは、色や形、レイアウトを工夫することで、ユーザーにより分かりやすく効果的な見た目を作る仕事です。雑誌やポスター、商品のデザインなどデザインの仕事は多岐にわたります。

特に、今、最も需要が大きいのはWEBデザインで、インターンシップでも最も募集の多い職種です。

一口に、Webデザインといっても、その中にはさまざまな業務があり役割があります。ロゴや全体の見え方などの見栄えのデザインや、HTML、CSSというコンピュータ言語を記述して画面に表示するコーディング業務、JavaScriptなどのプログラム言語を用いて動きのあるデザインを行うフロントエンジニア業務。

そして、ユーザーの使い勝手を考える「UI」(ユーザーインターフェイス)やユーザーのより良い体験を与えることを考える「UX」(ユーザーエクスペリエンス)が全ての業務に求められます。

デザイン職のインターンでは、現場で行っている、これらの業務の一端を経験し学ぶことができるでしょう。


デザインのスキル以外にも実務だから得られること

インターンシップは企業の中で活動します。その中で、社会人としての身に着けるべきマナーやコミュニケーション能力を習得することができます。

 

デザインの世界は、決して一人で素晴らしいものを作ることができれば良いという訳ではありません。何よりも良いものを作るにはクライアントとのコミュニケーションや、エンジニアや営業などの他職種のスタッフと円滑に仕事を進めていく経験ができます。

そして、デザインの意図を論理的に説明して、クライアントに納得してもらうためのプレゼンテーション能力も経験することができます。

まとめ

将来、デザイナーを志す学生にとってインターンシップの経験は、デザイン技術の向上とポートフォリオ作成、社会人として大切なマナーやコミュニケーション能力のアップなど、様々なことを得る優れた機会です。

また、他の就活生たちと差をつけるためにも、とても有効な手段でもあります。不安のある人やポートフォリオの作成に困っている人、少しでも早くデザイナーの仲間入りがしたい人は、デザイン職のインターンシップをおすすめします。

↓インターンまとめ記事も要チェック!↓
■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。