インターンの営業って何をするの? 身につくスキル

インターンの営業って何をするの? 身につくスキル

インターンの職種

インターンシップで経験できる職種の選択肢は、1つだけではありません。営業や企画など、さまざまな職種の業務を経験するチャンスが存在しています。

さまざまなチャンスがある中で、あえて営業を選ぶことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。インターンの営業のメリットをあらかじめ把握しておくことによって、自身の成長の度合いにも差がでることでしょう。

営業は会社の中核

会社のには総務や経理や開発、企画などさまざまな職種があります。その中で、もっとも重要なのは営業です。

営業は、自社の商品やサービスを販売して、売上をあげる仕事です。

営業がなければ会社にお金がはいってきません。会社にとって、収益源であり、これが無ければ会社は存続できない重要な仕事です。そして、最も厳しい部署ともいえます。

お客様に「この商品を買ってください」つまり「命の次に大切なお金をください」ということは最も難しい交渉であり、あなたの評価も「数字=金額」で判断されます。

だからこそ、インターンで営業を経験しておくメリットは大きいです。

 

営業のインターンはもっとも社会人スキルが身につく

営業でまず要求されることは、人と接触すること「お客様」と接触することにあります。

お客様との接触ならばアルバイトの飲食店で経験のある学生も多いでしょうが、インターンの営業では、お客様は「企業」になるケースを経験することになります。つまり「企業」対「企業」のコミュニケーションが発生します。

このコニュニケーションには、基本的なマナーが存在します。電話応対のマナー、名刺の渡し方、敬語やTOPに合わせた立ち振る舞い、話し方など・・・学生は当たり前ですが、このマナーを知りません。社会人として必ず知っておくべき、いわゆる「ビジネスマナー」を経験し実践的に学べることが、営業インターンのメリットです。


営業の仕事は、失敗の連続です。簡単に受注をとれることは難しいし、精神的にへこむこともあるかもしれません。しかし、ほかの職種と比較して、さまざまな方と会話するチャンスが多く、世の中を知り、確実にコミュニケーションスキルは向上します。将来的に営業職を志望しなくても、学生のうちに経験をしておけば必ず役に立つでしょう。

↓インターンまとめ記事も要チェック!↓
■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。