これで安心、インターンシップの面接前に準備しておきたいこと

これで安心、インターンシップの面接前に準備しておきたいこと

インターンの面接対策

学生が企業の中で職場体験をするインターンシップ、人気企業のインターンには、本番の就職活動のように面接選考があります。せっかく面接を受けるならば受かりたいですよね。そのためにも、基礎的な準備は大切です。そのポイントを紹介します。

服装や髪型に注意

特に服装の指定がない場合には、リクルートスーツを着るのが無難です。実際に業務の経験をさせてもらうときにも、基本的にはスーツで仕事をするため、最低でも2着スーツを購入するようにしましょう。
特にサイズに注意、
自分のサイズに合わないものを着用すると、だらしなく見えることもあります。初めて購入する際は、お店の方にサイズを確認してもらうと良いです。

「私服で来るよう」にと指定がある場合は、ビジネスの場で着てもおかしくない私服を選べという意味です。襟のあるシャツやジャケットなど、相手に失礼のない服装を選びましょう。また、髪型も清潔感を重視し、髪の毛の色も黒色が好ましいです。

 

 

インターンの面接で聞かれることを想定しておく

面接官から出される質問には、ある程度のパターンがあります。質問を想定して、受け答えを準備しておけばアピールもスムーズにいきますよね。面接の代表的な質問は、「自己紹介」「長所や短所」「志望動機」(その会社のプログラムに興味を持った理由)です。この質問に答えられるように、事前に原稿を作り話す練習をしておくことをおすすめします。この経験は、本番の就職活動にも役に立つので、面倒がらずに、やっておきましょう。

 


インターンの面接に望む際の心構えは?

インターンの面接で緊張しない学生はいません。ですが緊張して雰囲気にのまれてしまうと、思ったことが言えずに後悔してしまうこともあります。後悔をしないためにも、面接に望む気持ちを整理しておくことが大切です。

面接官も学生が緊張していることは知っていますし、緊張しているのが当たり前と考えています。うまく話せなくても「この子は緊張しているんだな。インターンプログラムを真剣に受けき来ている」と感じてくれるものです。「失敗したって大丈夫」、面接官は、ミスを探しているのではなく、良いところを探そうとしています。面接官は敵ではありませんし、あなたを知りたいと思っている味方です。自分が「この人は味方」だとポジティブな気持ちを持てば、相手にも好印象を与えることができます。口下手でも、相手に気持ちを伝えたいと思うことが大切です。

↓インターンまとめ記事も要チェック!↓
■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。