就きたい仕事を考える。大学3年生のインターン

就きたい仕事を考える。大学3年生のインターン

インターンシップとは

大学3年生、就職活動も目前にせまりつつあり、一方で、必修も落ち着き、授業のコマ数にも余裕が出てくるのでははないでしょうか? そんな3年生のタイミングを活かして、長期インターンシップに参加し、就職活動の準備をしてみては?

インターンを利用して早めに就職準備

現在の就職活動は、「大学3年生の3月に説明会解禁」、「大学4年生の6月に採用面接など選考解禁」が基本ルールとなり、以前に比べて、就職活動期間は大幅に短縮化、わずか3カ月で、自分にあった職業を探すタイトなスケジュールになっています。

一方で、企業側の解禁時期のルールはありますが、それに学生側があわせる必要はありません、学生側の企業を研究したり自己分析をしたりする「就職活動の準備」は、自分の意思でいつからでも始めることができます。解禁になってからあわてないように、企業の長期インターシップ制度を利用して、早期に就職活動の準備をはじめることをおすすめします。

 

インターンを経験し就きたい仕事を考える

「就きたい職業が決まっていない!」そんな、3年生も多いと思います。就職活動を控えて、どの業界に進むのか? 頭の中で考えてみても、悩みは深まるばかりです。そんなときは、少しでも興味のあるジャンルのインターンに参加し考えるきっかけを作ることをおすすめします。

長期インターンシップの特徴は、社員と一緒になって責任ある実務をすることがポイントです。実際の職場の雰囲気に触れたり実務をすることによって、「自分は何をしたいのか?」それまではよく見えていなかったものが見えてきます。


長期インターンシップは就活に有利

インターンシップは学生にとってメリットの宝庫です。ビジネスマナーや業界知識の習得、そして、具体的な体験にもとづいたエピソードは面接時の有効なネタになるでしょう。

また、インターンの選考も、実際の就職活動の選考と似たような過程を経るため、本番のエントリーシートの記載や面接選考などの予行演習にもなります。そして、一緒に働いた会社の人たちと人脈も作れますし、同じ志の友人をつくることもできるかもしれません。大学3年生の貴重な時間、ぜひ、インターンを活用しましょう。

■大学2年生から始める就活準備。長期インターンシップのすすめ

■初めてのインターンシップ、選び方、探し方、身につくことまでインターンの基礎知識を解説(まとめ)
■インターンのマナー、自己紹介から身だしなみまで準備をしよう(まとめ)
■ESや履歴書の書き方を学び インターンの書類選考を突破しよう(まとめ)
■インターンの職種選び 職種ごとの仕事内容、身につくスキルを解説(まとめ)
■就活に強くなる グループディスカッションのコツ・テクニックを総まとめ
■インターン採用の面接の準備や質問を知り対策をしよう(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。