就活の企業選び、長期ビジョンの視点での選び方を解説

就活の企業選び、長期ビジョンの視点での選び方を解説

企業研究の仕方

就活生の皆さんは企業を選ぶ際の基準をどうしていますか?

有名企業、給与が高いところ、やりたい仕事・・・。

忘れてはいけないのは、その後、社会人生活が続くことです。

将来、幸せに暮らすためにも長期ビジョンの視点は重要です。

今回は、長期ビジョンを基準にした企業の選び方、考え方を解説します。

 

内定はゴールではない

まず、内定、採用がゴールではありません。

そこから長い社会人生活があります。

就活をする際、今、人気がある企業を選ぶよりも、

10年、20年の長期的な会社の姿、あなたの姿を想像してみることが大切です。

 

長期ビジョンを基準するどはどのようなこと?

「長期ビジョン」基準にするとは、どのようなことでしょうか?

それは、会社そのものではなく会社が手がける事業の将来性を見ることです。

・その仕事は今後も成長するのか?

・自分が成長できるのか?

つまり「会社と、そこで働く自分の将来を考えた企業選び」をするということです。

この考え方は、就職活動において仕事選びや企業研究のモチベーションに深くかかわってきます。

その業界の10年後を考えれば、5~10年後が不透明な会社・業界を選ばなくなります。

選択する業界を絞り込むことにより、効率的なアプローチが可能です。

また、志望動機にも「業界の成長性」というネタが増えることになります。

 

 

就活における会社の選び方

「長期ビジョン」で会社や業界を選ぶときの基準は以下の点です。

具体的には、以下のような点に気をつけるとよいでしょう。

・その業界は20年続くか?

・10年20年後の自分は成長しているか?

・業界・仕事内容の特性は自分にマッチしているか?

それでは、具体的に解説していきましょう。

 

その業界は20年続くか?

就活において、20年、とはいかないまでも10年後も存続しているかという点は重要です。

例えば、1990年代、出版社は就活生の人気の業界でした。

大手だけでなく、中小の出版社も入社が困難でしたが、急速に市場規模が縮小し、経営が困難な会社も出てきています。

今後はAIの発達によって、不要な仕事がたくさん出てくるといわれています。

また、少子高齢化によって動向や市場規模が変化していく業界が多々あります。

情報は、経済系のニュースや書籍、WEBサイトで手に入れることができます。

そこに書いてあることが本当かどうか、信頼をおくためには、

経済専門のニュースサイトを参照に複数ソースで確認をすることがベターでしょう。

「給料がいい」「○○さん(社員)と働きたい」という動機も重要なのですが、

これらはすべて会社の一側面であり、これだけでは会社や業界の全体像は見えません。

10年20年後の自分は成長しているか?

自身がその企業に属することで「どのように成長し、スキルを身につけることができるか?」も重要な指標です。

しっかりとしたスキルを身に着けていれば、失業のリスクを減らすことができます。

OB、OG訪問を通して情報を集め、先輩たちが、「どのような成長をしているか?」「自分の思い描くとおりの仕事ができているのか」を確認して、自身の10年後、20年後のビジョンを思い描いてみましょう。

 

 

業界・仕事内容の特性は自分にマッチしているか?

業界や仕事内容の特性は、果たして自分にマッチしているでしょうか?

自分の性格や趣味、特技が、いざ仕事になるとまったく合わないことが往々にしてあります。

自分にマッチする業界を選ぶコツとして、あまり業界を絞り込んで考えすぎず、かつ自分の得意分野を細分化して考えるといったものがあります。

飲食業界で働きたい理由が「自分の作った料理でお客さんを笑顔にしたい」のであれば、果たして料理が上なのか、お客さんを喜ばせたいのが上なのか、誰に向かって仕事がしたいのか、など、要素に分けて自分の希望を洗い出しましょう。

補足として、近年では金融とITをかけ合わせた「フィンテック」が流行っているように、

分野の枠組みはかなり曖昧なものとなっています。

ひとつの分野にこだわらない企業も多くなってきていますので、こちらも視野を広げて企業を選んでみましょう。

 

まとめ:長期ビジョンを持って納得のいく就職活動を

企業選びのコツは、以下の通りです。

「長期ビジョン」の視点で選別することにより、志望業界が絞り込め、

志望動機の精度を高めることができます。

また、将来の失業のリスクを減らすことができます。

「就活で失敗しない」=「自分で納得のいく企業選びができた」ということ忘れずに

今、有名な企業に入ることをゴールにしないで、長期的な視野を持って企業を選びましょう。

 


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。