「選考には関係ありません」「ざっくばらんにお話しましょう」は本当なの?

「選考には関係ありません」「ざっくばらんにお話しましょう」は本当なの?

就活の基礎

「選考には関係ありません」「ざっくばらんにお話しましょう」

会社説明会、インターンや座談会、面談でよく聞くこの言葉、本当なんでしょうか?

何でそんなことを言う必要があるのでしょうか?

今回は就活をして感じたこの言葉の意味をお伝えします。

選考開始は6月から


政府の強い要望をもとに、経団連(日本の代表的な企業が集まって作っている団体)は、

就職活動の広報活動を3月1日から、選考活動を6月1日から、内定日は10月1日からとしています。

つまり、「うちの会社は新卒の学生を採用したいです」という情報を発表するのは3月。

採用面接などの選考は6月、そして、内定は10月に告げます。というスケジュールになっています。

この規定は、あくまで経団連の定める倫理であり、法律でもなんでもありません。

守らなくても罰則があるわけではありません。

 

学生との接触はむしろ早期化している

就職活動のスケジュールを後ろ倒し一方で、

企業から学生への接触は早期化しています。

1年生をターゲットにしていることもあります。

例えば、インターンシップや企業説明会で、食事会、座談会、

建前は、自社をアピールする活動ではありますが、

その裏の本音は、「会社を知ってもらい、優秀な学生であれば、入社して欲しい」という思惑があります。

とはいえ、経団連参加の企業は、自分たちの定めたルールを破るわけにはいきません。

採用活動と思われないためにも、

「これは選考ではありません」「採用には関係ありません」と発表し学生や社会に向けてアピールをしているのが実態です。

 

 

具体的にどんな選考をしているの?

社員との座談会や、インターンのプログラムや、グループディスカッションの場で行われます。

名前や大学名が記載された名札をつける場合が多いと思います。

その会での立ち振る舞いをチェックし、メモをとることが目的です。

その評価をもとに、個別に面談するためのアポイントを行います。

 

まとめ

企業には本音と建前があります。

会社側主催の集まりには、必ず選考があると考えて準備をしていくことをおすすめします。

 


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。