就活で心が折れたときのメンタルコントロール 効果的な方法を教えます

就活で心が折れたときのメンタルコントロール 効果的な方法を教えます

就活の基礎

就職活動は、精神的にも肉体的にも厳しいですよね。

「落ちるのは当たり前」と思っていても、実際に「お祈りメール」が来るとシンドイものです。

今回は、就活で心が折れたとき、病んでしまったときのメンタルコントロールに関して紹介します。

 

就活は落ち続けて当然


大前提として「就活は落ちて当たり前」です。

人気企業に入れるのは「『宝くじ』に当たるようなもの」と考えましょう。

志望した業界に入れる人は、ごく少人数です。

でも、「どうせ落ちるから」「第三希望だし」といって軽い気持ちで受けてはいけません。

会社の採用担当者は、真剣に採用しようと臨んでいます。

面接官に見透かされて、いつまでたっても受かりません。

「あのとき真剣にやっていれば・・・」と後悔しないように、

面接一回一回、真剣に勝負しましょう。

 

第一志望の会社に落ちた、狙っていた業界を落ちてしまった

「第一志望の会社を落ちてしまった」「志望する業界に受からない」。

こんな就活生も多いでしょう。

でも、落ち込む必要はありません。

新卒で希望の会社に入ったとしても、合わずに辞めてしまう人もたくさんいます。

社会人人生は長いです。

今は、転職が当たり前、入社した会社でしっかり仕事をすれば、転職で希望をかなえることができます。

次があります。

長期的な視野に立って、仕事を考えましょう。

周りは内定が出ているのに

早期に内定が出ている学生もいるでしょう。

「友達は内定が出ているのに」そんな不安に駆られる人も多いでしょう。

でも、就活の目的は何でしょうか? 周囲とスピードや知名度を比べることではありません。

自分が仕事をする会社を選ぶことです。

「人は人です」。

仕事をするのはあなたです。あなたのペースで仕事を探しましょう。

企業の採用活動は、実際には10月まで続けますし、

内定辞退者の補充で、3月まで採用活動を続けている企業もあります。

就職エージェントは、そういった企業の情報を持っています。

持ち駒が少なくなったらば、「就職エージェント」を使ってみましょう。

 

就活で落ち込むのは、あなたの長所

就活で悩んだり、落ち込みメンタルが弱るのは、ある意味当たり前のことです。

あなたが真面目で責任感の強い人間であることの証明でもあります。

それは長所です。

その長所を活かすには、気持ちの切り替えです。

 

就活はリプレイできるゲーム

就職活動は、一発勝負のゲームではありません。

負けてもまたプレイできます。

でも、真剣にプレイしなければクリアはできません。

負けたらば、どこで負けたのか考えて、工夫し、もう一度プレイしましょう。

 

リフレッシュする時間を作る

リプレイできるゲームといえども、やり続けると、疲れてきますよね。

無理して続けると、精度も落ちてきて良いことはありません。

そこで、ひとつ就職活動を忘れてみましょう。

1日数時間でもいいし、2~3日かけても良いです。

自分の好きなことをしましょう。


リフレッシュする方法が分からない

「リフレッシュしましょう」と言われても、思いつかない。

好きなことをやっても、気持ちが落ち着かない。

そんな人は、まず「運動」をしてみましょう。

しっかり汗をかければ、ダンスでも競技スポーツでもなんでも良いです。

普段運動しない、運動が苦手な人は、1時間くらい自分のペースで、ランニングをしてみましょう。

運動が嫌いな人も、だまされたと思ってやってみてください。

運動は、ストレスコントロールに想像以上に効果があります。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。