「自己分析って何をどこまですればいいの?」就活をのりきるための自己分析の仕方

「自己分析って何をどこまですればいいの?」就活をのりきるための自己分析の仕方

自己分析

就職活動がはじまるときに「自己分析」をしましょう。と言われますよね。

でも、自己分析って何をどこまでやればいいのでしょうか?

今回は、自己分析で求められるもの、具体的な方法に関してご紹介したいと思います。

 

企業が就活生に何を求めいるのか?を知る

自己分析の目的は、企業から内定をいただき、希望の仕事につくためです。

つまり、自己分析は、企業を知りたいことを想定して準備しましょう。

では、企業の知りたいこととは何でしょうか?

リクルートの就職活動意識調査「就職白書」では、

企業が採用基準で重視する項目は、1位「人柄(93%が重視)」、2位「企業への熱意(78%が重視)」、3位「今後の可能性(72%)」。

つまり、「人柄」を表現することを考えて自己分析をすすめましょう。

 

自己分析はどこまでやればいい?

自己分析をはじめたはいいが、どこまでやればいいのでしょうか?

エントリーシートや履歴書、そして、面接では、自己PRが求められます。

自己PRを求められたときに「自分は○○という人間です」とハッキリいえる。

なぜ、そのように思ったのか、明確に説明できる。

ここまでが、自己分析の基本になります。

次に、自分のやりたいこと、やりがいを感じることを説明できるようにしましょう。

これは、企業選びや、志望動機を作るとき役に立ちます。

 

自己分析の種類

自己分析には大きく3種類存在します。

一つ目は自分の人生を振り返り自分史を作成すること。

二つ目は企業の理念などが本当に自分とマッチするのかを見定めること。

三つ目は自己分析ツールを使うことです。

それぞれについてご紹介します。

 

自分の人生を振り返り自分史を作成する

まず、自分の人生を振り返る方法をご紹介します。

具体的なプロセス

1、自分の幼少期から大学時代まで起こった出来事に関して記憶の限り思い出し、書き出してみる。

2、その紙に書かれた出来事を種類別に分類してみる。

3、分類された出来事から、共通する自分の特徴を探しだす。

4、その特徴をまとめ直し自分がどのような人間なのかを知る。

 

例として仮作成した自分史の一部にこのようなものがあるとします。

■幼少期:お遊戯会で主役になれなくて悔しかった

■小学校時代:運動会の徒競走で良い順位になれなくて泣いた

■中学校時代:サッカー部でぎりぎりレギュラーに選ばれずに悔しかった

■高校時代:高校ではサッカーの練習を頑張り、レギュラーになれた

■大学時代:大学のフットサルサークル大会で優勝を目指して練習をした結果、優勝することが出来た

 

このように振り返った場合、この人はどのような人だと分析できるでしょうか。

おそらく、負けることが嫌いで、一度負けたら次は負けないようにと努力をして結果に残すことの出来る人であると分析できます。

このように分析でき、自己PRの項目で具体的なエピソードを添えて記述すれば、あなたという人間がどのような人間であるかが担当の方にも伝わると思います。

それは単に「私は負けず嫌いで努力をすることの出来る人です」と書くよりも何倍も説得力が増しますよね。

このプロセスを辿れば、自ずと自分とはどのような人間であるのか分かります。

 

・自分史で自己分析する際の注意点

この際に重要なのが、「客観的に自分をみること」です。

自分を分析するのですから、いかに主観から離れて分析できるかが肝になってきます。

自分のことを完全に客観的にみることは非常に難しいです。

そのようなときは、他者に見せてコメントをもらうのも有効な手段であるといえます。

そうすれば、「あなたは周りからどのような評価を受けていますか」などといった質問にも的確に回答することが出来ます。

友人や家族、ゼミの教授など様々な人に聞いてみれば、自分が周りからどう評価されているのかを知ることが出来ます。

 

企業の理念などが本当に自分とマッチするのかを見定める

もう一つの方法は、自分の志望している企業の企業理念を読み、自分の考えと比較してみることです。

就職活動を始めれば、あるいは始める前から自分が行きたい企業というのはある程度あると思います。

しかし、その憧れの企業が本当に自分に合う企業であるのかというのは正直分からないところです。

入社してからこんな会社だと思わなかったということがおきないようにするために、その企業のことを良く知るというのも非常に重要なこととなってきます。

その判断の一つとして、企業の掲げている企業理念と自分の考えを比較する必要があります。

具体的に企業ごとにみていくと以下のような感じになります。

■ ANA(全日本空輸)

「安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します」

出典:https://www.ana.co.jp/group/about-us/vision/

■JAL(日本航空)

「全社員の物心両面の幸福を追求し、お客さまに最高のサービスを提供します。企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。」

出典:https://www.jal.com/ja/outline/philosophy.html

■オリエンタルランド

「自由でみずみずしい発想を原動力にすばらしい夢と感動ひととしての喜びそしてやすらぎを提供します。」

出典:http://www.olc.co.jp/ja/company/philosophy.html

■伊藤忠商事

「個人と社会を大切にし、未来に向かって豊かさを担う責任を果たしていきます」

出典:https://www.itochu.co.jp/ja/about/mission/index.html

それぞれの企業がそれぞれの企業理念を掲げていることが分かる思います。

このような企業理念が本当に自分が働きたいと思える環境であるかを考える際の参考にし、これは違うなという企業理念があれば、そも企業はあなた自身の考えと異なり合っていないと分かります。

これも自己分析の一環といえます。

例えば、「快適な移動手段を提供し、移動も旅の思い出したい」という企業があり、その一方で自分が「食で人を笑顔に、豊かにしたい」と考えているのであれば、食品関係の企業に行くべきであるので、適しているというわけではありません。

これは単に自己分析だけでなく、企業分析などにもつながってくるので、是非実践してみてください。

 

自己分析ツールを使う

3つ目の方法として自己分析ツールを使うという方法があります。

自己分析ツールというのはインターネット上に多くの種類存在します。

これらのツールは選択式の質問項目がたくさんあり、その回答に応じて、その人の性格等を心理学や大量のデータを基に判断するようになっているので、自分史を作って自己分析をするよりも客観的な結果を得られます。

価格は無料会員登録などが必要な場合がありますが、実際のところ無料で使うことが出来ます。

種類がたくさんあるので、様々なツールで判断をしたあとに、複数の結果を基にして自分なりに分析すれば、もっとも客観的かつ正確に近い結果を得ることが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は主要な自己分析方法に関して紹介しました。

これらの方法を活用して自己分析をしてみてください。

自己分析をして終わりなのではなく、自己分析の結果を基に自己PRや志望動機を整理しましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。