「そんなに素直で純粋だと、生きていくの大変じゃない?」本当にあった圧迫面接(事例集)

「そんなに素直で純粋だと、生きていくの大変じゃない?」本当にあった圧迫面接(事例集)

圧迫面接

「圧迫面接」。この言葉を聞いてあなたはどんなことを想像しますか?

失礼な質問や罵声が中心ですが、今回は大手IT企業の面接にて実際にあった少し変わった面接です。

ひとつの例として知っておきましょう。

プロフィール

性別:男性
入社試験を受けた会社:大手IT企業
タイミング:転職の就職活動

 

フランクな形で1対1の面接

当時転職活動中だった私が大手IT企業の面接を受けた時の話です。

面接は本社で実施され、40代とおぼしき担当者が一人、こちらも一人で、会社の会議室のような場所で若干フランクな感じで行われました。

最初は当たり障りのない志望動機や会社に入ってやりたい事、私の経歴、保有スキルや今何を勉強しているのかなどを聞かれ、それらに対しては、無難に回答をしていきました。

ただ、気になったのは、面接官が何やら考え込む様子を見せることが多かったです。

 

「そんなに素直で純粋だと、生きていくの大変じゃない?」

そのような態度に疑問を持ちつつ応答をこなし、面接も終盤に入った頃でしょうか。

面接官が突然「そんなに素直で純粋だと、生きていくの大変じゃない?」と発言をしました。

フランクに話をしていたので、その流れにあったのかもしれません。

おだやかな話口調でしたが「バカにされているのかも?」と感じ。

まさか面接でそのような事を言われるとは露ほども思っていなかかったため動揺してしまい、

その質問にもその後の問答にもあまり適切な言葉を返すことができませんでした。

 

大手企業の人事の人を見抜く力を実感

後日送付された通知ではやはり不採用となっていたため、当時は釈然としない気持ちであり、その企業に対してもあまり良い印象を持つことができませんでした。

しかし、より多くの社会経験を積むなかで自分という人間をある程度理解する事ができた頃、ようやく面接官の方が言っていたことが分かったような気がしました。

今では、あの短時間の面接の中で私以上に私の事を理解し、取り繕わない言葉で疑問を呈してくれたことに感謝もしています。

それとともに、大手企業の人事の人を見抜く力に感心しました。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。