コンピテンシー面接の対策方法 STARフレームを知り、脱マニュアルの自己PRやガクチカを準備しよう

コンピテンシー面接の対策方法 STARフレームを知り、脱マニュアルの自己PRやガクチカを準備しよう

面接対策

就職活動の面接で「コンピテンシー面接」を採用する企業が増えています。

マニュアル化した就活生対策とも言われる「コンピテンシー面接」。

知らないと「圧迫面接?」と誤解して萎縮してしまう学生もいます。

初めて耳にした方も多いと思いますが、このコンピテンシー面接がどういったものなのか理解しておきましょう。

今回は、コンピテンシー面接に関して説明します。

 

そもそもコンピテンシー面接って何?

コンピテンシーは本来「資格や能力」を意味します。

ビジネスでは、仕事で高い業績を発揮する人間の「行動特性」の意味で使われています。

人事は、その会社で「優秀」と評価している社員が持っている共通した行動や考え方(行動特性)を探し出します。

その行動特性を評価項目にして行う面接をコンピテンシー面接といいます。

優秀な社員と同じ「行動特性」を持った学生は優秀である。と考えています。

 

コンピテンシー面接をする理由

 

面接官による評価のブレを少なくする。

普通の面接は、明るい印象だからコミュニケーション能力が高いだろう、優秀な経歴を持っているから期待できるだろうという理由で評価する結果を重視した採用選考が多くみられました。

その判断基準は面接官の「主観」によるものが大きく、評価のばらつきが大きく、優秀な人材を見逃している可能性がありました。

それに対しコンピテンシー面接は「こういう考え方の人」「こういう行動の人」という評価項目を具体的に設定して、面接官による評価のブレを少なくしていく手法です。

 

マニュアル化した就活生を差別化する

就活生は、自己PRやガクチカなど、しっかりとマニュアルを研究して面接を受けに来ています。

学生の話すことが似ていて、表面的な内容では、差別化できない問題があります。

自社オリジナルの「行動特性」を評価軸にすることで、画一的な学生を差別化します。

 

コンピテンシーの評価方法は?

ではどのように行動特性を見抜くのでしょうか?

一般の面接では、自己RPやガクチカ、ときには趣味や特技など、

さまざまな質問をして、総合的なうけこたえで評価をします。

しかし、コンピテンシー面接では、一つのことを「深堀」して質問をします。

「なぜそれをやったのか?」

「なぜ、それが問題だと思ったの?」

「なぜ、そうなると思ったの?」

「どのようにやったのか?」

「そのときの気持ちは?」

「それをして、良いと思ったことと、悪いと思ったことは?」

という質問を繰り返し、学生の行動特性をよみとり、

自社が評価基準としている行動特性と合致するか?で評価をします。

この選考方法に慣れていない学生が、コンピテンシー面接に遭遇すると、

しつこい問いかけに「圧迫面接?」と誤解してしまうこともあります。

「コンピテンシー面接」を理解し、萎縮しないようにしましょう。

 

面接官は「STARフレーム」を用いている

学生の行動特性を知る為に、面接官は「STARフレーム」という手法を用いて質問し評価します。

STARフレームとは、以下の要素を指しています。

「S(Situation:状況)」「T(Task:課題)」「A(Action:行動)」「R(Result:結果)」

・Situation(どのような状況)

背景や立場や役割、なぜそのような状況になったのか? 状況把握。

・Task(どのような課題、目的)

課題の発見、何故そのように思ったのか、そして、その課題に対して目的、目標をどのように考えて設定したのか。

・Action(どのような行動をしたのか)

どのような仮説や意図を持って、どのような行動をしたのか?

その行動で何故解決できると考えたのか?

・Result(結果や周囲への影響や学んだこと)

行動がもたらした結果、周囲へ影響や、そこから自分が学んだ経験と成長。

成功した部分、失敗した部分。

 

コンピテンシー面接の対策方法

完璧に仕上げた「ガクチカ」や「自己PR」を前述の「STARフレーム」ごとに見直してみましょう。

どこからつっこまれても、自分の考えたことを返答できるように深堀をしておくことは大切です。

自分の発言に対して、どのような質問がくるのかを想定して適切に答える準備をする。

このスキルは社会人になってから、会議で企画を提案する際にも役立つでしょう。

 

コンピテンシー面接のまとめ

より自社にあった学生を採用するために、企業の面接方法も進化しています。

STARフレームをベースに自分の自己PRやガクチカを深堀して、

どんな質問にも柔軟答えられる能力をみにつけましょう。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。