面接での持ち物、便利グッズを準備して万全な状態で就活をのりきろう

面接での持ち物、便利グッズを準備して万全な状態で就活をのりきろう

就活マナー

就職活動の面接は誰しも緊張するものです。質問対策等を余念なく行うことも大切ですが、忘れ物があると、心が動揺して大切な面接にも影響してしまうかもしれません。
当日に焦らないためにより大切なのは、面接の持ち物をきちんと準備して確認しておきましょう。

今回は、面接で持参する持ち物、便利グッズについて、ご紹介致します。万全な状態で、面接にのぞみましょう。

提出書類などは綺麗にファイルに入れて持って行こう


面接で、改めて提出すべき書類がある企業もあります。

エントリーシートは郵送でも、履歴書はその場で提出する場合などです。

提出する書類がぐちゃぐちゃだと、だらしない印象を与えてしまうので、書類は綺麗にファイルに入れて持参しましょう。

ファイルがあれば、当日に手渡された書類を保管するのにも役立ちますし、急な雨などで大切な書類が濡れてしまうことも防げます。

また、エントリーシートや履歴書に合わせて、面接官の質問に答えますので、エントリーシートのコピーも持って行くと良いです。

筆記用具や手帳なども必須アイテム

面接で改めて筆記試験が行われることはまずありませんが、重要事項を伝達される可能性は高いです。

次の試験や、合否発表の日程を知らされることがありますので、普段から使っている手帳と、筆記用具は必ず持参しましょう。
筆記用具は、シャープペンシルだけでなく、ボールペンも持っておくと便利です。

万が一に備えて印鑑を持っておくことも大切!

先ほど、履歴書を面接会場で提出する企業もあると述べましたが、印鑑を押すのを忘れている場合もあります。

近年では、印鑑を押さなくても良い履歴書が増えてきましたが、押印欄がある場合は、シャチハタでない実印を押さねばなりません。

小型の朱肉と実印は、必ずカバンの中に入れておくようにしましょう。万が一押印を忘れていても、慌てずに済むからです。

ティッシュやハンカチはエチケットとして持っておくべき

面接当日に、雨が降って濡れてしまったり、道に迷って走ったせいで汗をかいてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、服やカバンが濡れていたり、顔に汗をかいていると、不潔な印象を与えてしまいます。

面接前に綺麗にするためにも、ティッシュやハンカチは、常にカバンに入れておくことが大切です。
大人のマナーとして、エチケットはとても重要です。

ハンカチも、綺麗にアイロンがけしておいたほうが、見られて恥ずかしくないでしょう。

女子学生はストッキングの予備を持っておくべき

パンツスーツの女子学生もいますが、多くの方はスカートを履いていることと思います。

パンツスーツなら、ひざ下からのストッキング、スカートなら足全体を包む形のストッキングが大半でしょう。

ストッキングは破れやすく、一度破けると電線してみっともなくなってしまいます。

どこかにぶつけたり、引っ掛けたりしてしまうと、すぐに破けるので、予備の新品を常にカバンに忍ばせておくようにしましょう。

電線したり穴が空いていると、だらしなく見えてしまいます。

お手洗いで着替えられるように、パッケージから取り出しておくと良いです。

手鏡やブラシもあれば便利!

面接が始まる前に、別室に案内されることもあります。

そこでどうしてもお手洗いに行けない場合に、身だしなみ確認のために、コンパクトな手鏡があると便利です。

化粧が崩れていたり、髪の毛がボサボサになっていないか、ネクタイが歪んでいないか等々、最後の確認をしましょう。

また、コートを着ている場合、スーツに小さな起毛がついてしまうこともあります。

エチケットブラシがあれば、スーツを綺麗にできますので、あると便利です。100円ショップなどでも手に入りますので、一つ買っておくと良いでしょう。


まとめ

面接の際に焦らないためにも、これらのものがちゃんとカバンに入っているかチェックしてから、面接会場へ向かいましょう。

持ち物を忘れないように、夜のうちに準備しておくと朝が楽です。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。