「なぜ、当社なのか?」面接の質問に答えるためのネタの作り方(例文あり)

「なぜ、当社なのか?」面接の質問に答えるためのネタの作り方(例文あり)

面接の質問対策

就職活動中の面接で「なぜ他社でなく、当社なのか」。定番質問の一つですよね。
答えかたを誤ると「志望意欲が低い」とみなされ、内定はもらえません。

面接官はその人の「才能」よりも「意欲」を評価するからです。

志望動機を一歩深く、他社との違いを浮き彫りにして熱意を伝える必要があります。

この質問にどのように準備したらばよいのか、対策方法や考え方を覚えて対策しましょう。

1.「なぜ当社なのか?」と質問する理由

この質問をする理由は、以下の3つに集約されます。

1.志望の熱意

2.会社研究をしているか?の確認

3.学生から見た自社のコトを知りたい

 

1−1.志望の熱意


「なぜ、当社なのか?」、「同業他社ではないのか?」

どれほど自社に入社したいと思っているかを知るための質問です。

本気で入社したいと思っていれば熱意を持って回答ができますし、

反対に志望度合いが低ければ当たり障りのない回答しかできません。

就活中ですから、同じ業界の他社を受験していることは企業も重々承知しています。

そのため、この質問によって学生の本気度を測っているのです。

人も時間も限られた採用期間ですから、いくら優秀な人物であっても、入社の意思が低ければ採用することはありません。

企業は、「入社してくれる」優秀な人物を求めています。

 

1−2.会社研究をきちんとしているか知りたい

自分が好きな相手のことは、当然知りたいですよね。

それと一緒で、本当にその会社に入りたいならば、

知る努力をするはずです。

会社研究をどれくらいしているか、この質問で知ることができます。

 

1−3.学生から見た自社のコトを知りたい

これは、面接官の興味からです。

自分のことは中々わからないものです。

自社が学生からどのような視点で見られているか?

純粋にアンケートをとることは、あまりありません。

せっかくなので、ここで情報収集をしている側面があります。

ここで、面接官が気づかないその会社の良いところを理論的に話し、

うならせることができれば、内定に近づきます。

 

2.「なぜ、他社でなく当社なのか?」を答えるネタの作り方

2-1.ライバルを比較して良いところを発見することがセオリー

まず、大切なのは、AとBのうち、Aが好きならば、Aが好きな理由を考える必要があります。

AとBを比較して、Aの良いところを書き出してみましょう。
・取り組んでいる事業の差
・社会貢献
・製品つくりやサービス取組みの考え方
・女性の社会進出に貢献している

などなど、調べれば他社との差が見えてきます。

「給与が高いから」、「有名だから」も、きちんとストーリーを作れれば印象に残りますが
失敗する可能性があるので、慎重に行いましょう。

「給与が高いから」でストーリーを組み立てた例

私は、奨学金で大学に通いました。
御社は他社よりも実力主義で給与が高いと伺っています。
営業マンになって、成績をあげて、早く返済するとともに、
社の業績に貢献したく考えています。

2-2.面接官をうならせるネタを仕入れる

 

ここまでは、書いてあると話はセオリーです。

会社のHPに書いてある情報で組み立てるので、他の学生と同じで差別化が難しいでしょう。

ベストは「面接官の気がつかない、自社の良いところ」を語り、

面接官をうならせることです。

では、そのネタを仕入れるのにはどうしたらばよいのでしょうか?

まず、なによりの情報源は、OB・OG訪問になります。

OB訪問、OG訪問で、生の会社の現状を聞き出し、会社案内や公開されているニュースに無い情報を集めましょう。

また、他社にも訪問して、同じように情報をひきだし、比較検討の材料にしましょう。

 

3.「なぜ、当社なのか?」面接の質問を答える 例文

私は日常生活に車が欠かせない地域に住んでいるため車が身近な存在で、小さい頃から自動車に携わる仕事がしたいと思っていました。

中でも、御社を志望する理由は、安全技術が他のメーカーに比べて一歩先を行っていると感じるからです。

高齢の方が車を運転している場面をよく目にしますが、「危ないな」と思うことも少なくありません。

そこで、みんなが安心して運転できるような車をもっと普及させたいと思っています。

OG訪問で開発部の○○さんとお話させていただく機会がありましたが、

「事故を減らすのではなく、事故をゼロにする車、誰も怪我をしない車をつくりたい」と学生の私に懸命に語ってくれました。

その熱意ある仕事と、その熱意が生きている会社だと強く関心しました。

「私も事故をゼロにし、誰も怪我をしない車」の仕事の一端に携わりたいと思います。

営業の仕事で良い車をたくさん販売して、誰もが安全な社会にしていきたいです。

 

4.例文解説

例文の内容そのものでなく、どんな理由で書かれているかに注目してみてみてください。

◆中でも御社を志望する理由は、安全技術が他のメーカーに比べて一歩先を行っていると感じるからです。

→他社に比べて優れていると思う点を挙げます。企業を選ぶ基準となりうるものを話します。

◆高齢の方が車を運転している場面をよく目にしますが、「危ないな」と思うことも少なくありません。
そこで、みんなが安心して運転できるような車をもっと普及させたいと思っています。

→なぜその優れている点を重視するか、自分の経験や想いを伝えましょう。

◆OB訪問で開発部の○○さんとお話させていただく機会がありましたが、「事故を減らすのではなく、事故をゼロにする車、誰も怪我をしない車をつくりたい」と学生の私に懸命に語ってくれました。
その熱意ある仕事と、その熱意が生きている会社だと強く関心しました。

→説明会やOB・OG訪問など、会社パンフレットやホームページに載っていないところで得た情報をベースに話をしましょう。特にOB・OG訪問は、志望度合いが高いことを印象付けられます。

例文では、先輩社員との会話から感じたことを、自分のやりたいことに絡めて書いています。
先輩社員から聞いた内容を書くのでなく、話を聞いて自分がどう感じたかを書きましょう。

◆「私も事故をゼロにし、誰も怪我をしない車」の仕事の一端に携わりたいと思います。

営業で良い車をたくさん販売して、誰もが安全な社会にしていきたいです。。

→志望職種と絡めて、入社後にやりたいことを話しましょう。

まとめると、
1.理由
2.根拠
3.根拠の肉付け
4.目標
となります。

 

5.熱意を伝えよう

質問する理由のところでも述べましたが、企業は入社意思のある学生を求めています。
あまりない質問なので身構えてしまうかもしれませんが、難しく考えず熱意を伝えてられる機会だと思って回答してください。


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。