「他社の選考状況」を面接で質問されたときのベストな対処法(例文あり)

「他社の選考状況」を面接で質問されたときのベストな対処法(例文あり)

面接の質問対策

就職活動中に面接を受けていると、他社の選考状況について質問されることが多々あります。

そのようなときに本当のことを答えて良いか迷ってしまいますよね? そこで、面接で他社の選考状況を聞かれたときの答え方を例文とともに説明します。

企業が面接で他社の選考状況を聞く理由


「他社の選考状況」は、就活における王道の質問といっても良いかもしれません。あらかじめ聞かれることを想定し、質問対策を打っておくと良いでしょう。

でも、どういう理由で他社の選考状況を聞かれるのでしょうか?質問対策を打つためには、的確な回答をするためには、質問の意図を理解しておく必要があります。

就活生の本音を知りたい

面接官が他社の選考状況聞く理由は、就活生の本音を知りたいという理由があります。受験している業種や職種を聞くことで、その学生が志望している傾向が分かります。

自社と同じ業界や業種、職種が中心であれば、やりたいことにマッチングしていると判断できますし、異なる場合には、本当の志望とは違うけれども受験していると推測することができます。他社の選考状況を聞くと、学生の本音が見えやすいのです。

今後の採用活動の参考にしたい

他社の選考状況を聞くと、採用活動の参考にもなります。同業界で人気の企業や職種を知ることもできますし、他社の採用活動の進み具合を知ることも可能です。

机上のデータではなく、面接で目の当たりにしている学生からの生情報を得ることで、直近の採用活動の方針や、今後の採用活動の参考材料に成り得ます。どのような学生が同業界で選考が進んでいるのかは、人材登用の目安にもなりますので、情報収集という面も理解しておきましょう。

自社への入社の可能性を知りたい

最も大きな理由は、内定を出したときに、「本当に自社に来るのだろうか?」という目安にしたいという意図があります。就職活動をしている学生は、たくさんの企業を受験していることが多いため、複数の内定を勝ち取る可能性があります。

そのため、自社が内定を出したとしても、他社に行かれ、採用計画が崩れてしまう場合もありますので、自社に来る可能性と他社に行く可能性を見ているのです。

内定者の人数の参考にしたい

内定を出す人数の参考にしている場合もあります。内定を出したからといって、必ず自社に入社するとは限りません。内定を断られることは人事担当者の大きな悩みなのです。そのため、採用予定人数にはある程度の歩留まりを見ることになります。

歩留まりを見て何人内定を出せば、予定通りの採用人数になるのかの参考情報として、他社の選考状況を確認している場合もありますので、面接官の意図を組んで回答する必要があります。

 

他社の選考状況を聞かれたときの質問対策

質問者の意図が分かったとして、実際に面接で他社の選考状況を聞かれたら、具体的にはどのように回答すれば良いのでしょうか? 数多くの対策法がありますが、あまり多くの対策を考えると、とっさの回答が難しくなりますので、効果的な質問対策として3つの対策を紹介します。

就職活動の一貫性を示す

まずは就職活動の一貫性を示すことが大切です。面接中の企業と同じ業界や業種、職種であれば、本当にその業界で仕事がしたくて受験しにきていると感じてもらいやすいため、面接官に良い印象を残せるでしょう。

逆に、受験している業種も職種もバラバラである場合には、就活に対する考えがまとまっていないとみなされる可能性がありますので、採用に対してマイナスに働く場合があります。

一貫性がない場合は情報収集中をアピール

とはいえ、実際に志望業界が定まらず、さまざまな業種の企業を受験したり、職種を絞り込まずに受験している学生もいらっしゃることでしょう。そのような場合には、いろいろな会社を受験して見分を広めているとアピールすると良いかと思います。

社会に出たことのない学生が、いきなり志望業種や職種を絞り込むことは困難です。就職活動を通じていろいろな業界を見て回っているということは、面接官にとっては向上心だと受け取ってくれる場合もありますので、覚えておくと良いでしょう。

質問した企業への入社意思を伝える

他社の選考状況を聞いてきた場合には、面接中の会社への入社意思も伝えましょう。他社の選考が随分進んでいる場合には、面接官は他の会社に入社する可能性を考えます。

「他社に内定が出たとしても、御社に入社します」「御社が第一志望です」と伝えることで、マイナスの印象を回避することができるでしょう。ただし、全く入社する意思がないのに、言葉だけ繕ってもバレてしまう可能性が高いので、ある程度入社したい会社の場合に限定しておくことが無難です。

 

他社の選考状況を聞かれた時の回答例文

他社の選考状況を聞かれた時の回答例文を紹介します。実際に質問されたことを想定して参考にしていただければと思います。

《回答例文》

私は日本のモノづくりの発展に貢献したいという思いから、モノづくり業界の営業を中心に就職活動をしております。最終選考に進んでいる企業が2社、2次面接に進んでいる企業が3社、1次選考の結果待ちが3社ございます。また、書類選考の結果待ちのところが4社ありまして、合計12社を受験しております。

個人の役割の比重が大きい企業が自分を成長させるという考えから、成長企業を中心に活動しており、御社のように急成長をされている会社には特に魅力を感じます。

 

選考状況を聞かれたときのNG例

選考状況を聞かれたときに、ついやってしまいがちなNG回答のパターンを紹介します。反面教師として知っておきましょう。

全ての先行状況を細かくいう

正確性を重視して、全ての採用活動を事細かくいう学生がいますが、ある程度ポイントを絞って伝えた方が良いでしょう。数多くの企業を受験しているからといって、その内容を全て答えていると話しが長くなりますし、聞いても仕方がない情報は面接官にとっても時間の無駄です。

自分の中で主要な企業にポイントを絞って伝えるように心がけましょう。

落ちた企業のことをいう

他社の選考状況は、選考が進んでいる企業の情報だけで構いません。学生によっては落ちた企業の話しまで赤裸々に話している人もいらっしゃいますが、落ちた企業の情報を聞いても、面接官にとって何の参考にもなりません。

質問の意図をしっかりと理解した上で、現在の選考状況だけを的確に答えましょう。

 

ウソや誤魔化しをする

ウソや誤魔化しはNGです。「御社が第一希望です」というような方便は最小限として、無駄なウソや誤魔化しはしないように気をつけましょう。社会経験のない学生のウソや誤魔化しは、一線で活躍している社会人には通用しないと考えた方が無難です。

もしもバレてしまった場合には、著しく印象を下げてしまいますので、リスクの高い行為だと考えましょう。

 

入社意思を聞かれたら即答すべき

他社の選考状況は、ここで紹介したような意図で質問されるため、その意図を組んだ状態で、採用にプラスになるような回答をする必要があります。質問対策をしっかりと講じながら、NG例を反面教師として端的に答えましょう。

ただ、面接中のやり取りの中で、ダイレクトに入社意思を聞かれる場合もあります。このときは入社を希望すると即答しましょう。ここで間を空けたり、入社の意思を伝えられなかった場合には、採用に大きく不利となる可能性がありますので、あらかじめ想定しておく必要があります。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。