面接で「苦手なタイプ」を質問する目的と対処法(例文あり)

面接で「苦手なタイプ」を質問する目的と対処法(例文あり)

面接の質問対策

就活の面接では得意な質問もあれば、苦手な質問もありますよね? その中でも、「苦手なタイプは?」というネガティブな質問は、下手をすると「悪口を言っているだけ」になってしまうため、適切な回答が必要です。就活の面接で聞かれる「苦手なタイプは?」という質問に対する回答を例文を用いて解説します。

面接で「苦手なタイプの人はいますか?」の意図は?

 

面接では、突然「どんなタイプの人が苦手ですか?」と聞かれることがあります。果たしてどんな意図があるのでしょうか? そしてどんな答え方が必要なのでしょうか? そんなちょっと難しい内容に困らないための質問対策を解説します。

受験生の正直さを問う

世の中に苦手なタイプがいない人は、まず存在していません。なのに「苦手なタイプの人はいません」と答える就活生がまれにいますが、誠実さに欠けると思われるでしょう。
プラス思考で答えなくては、という強迫観念からの回答でしょうが、この手の質問には正直に答えたほうがプラスです。

集団での適応性を見る

会社には色々なタイプの社員がいます。さらに、一緒に仕事をする仲間にも苦手なタイプはいると思っておくべきです。面接官は、そんな苦手なタイプがいても仕事をうまくやっていける人材かどうかを見ています。

受験生の性格、タイプを知る

苦手なタイプを知ることによって就活生の性格も分かってきます。「細かいことに執着する人は苦手です」という就活生は大雑把な性格かもしれません。また、「いい加減なタイプは苦手です」という就活生は慎重な性格なのかもしれません。

ネガティブな質問に、前向きに回答できるかを知る

ネガティブな回答を問う質問です。答え方によっては「悪口を言っているだけ」になってしまうかもしれません。

将来、会社の上司に「不満はあるか」と問われて、不満だけを述べてしまう社員は評価が低いです。「こういうところに問題はあるが、こうしたい」と前向きな表現ができるかを見ています。

これらの回答内容には正解はありませんが、適性検査の結果と照合されたりもします。矛盾が生じていれば良い評価は得られません。正直な回答をした方が良いでしょう。

面接での「苦手なタイプはいますか?」に対応するポイント

面接においては、特に以下の内容に注意して回答すると良いでしょう。

回答のステップ

答えづらい質問ですが、回答は、「結論」→「理由」→「対処方法」というステップで回答すると良いでしょう。どんなタイプが苦手かという結論だけでは面接官には伝わりません。面接官は、就活生の好みを聞いているわけではありません。苦手なタイプの相手に対して、どう対処しているのだろう?というところも見ています。

プラス思考の対処方法も重要

面接官が一番注目しているのは、苦手なタイプに対する対処方法です。まず、何らかの対処方法を行っているかどうかが重要です。苦手なタイプから逃れるだけの人は組織には向きません。対処方法に正解はありませんが、プラス思考で対処をしようとする就活生に対しては好感を持ちます。

面接での「苦手なタイプはいますか?」に対する例文

具体的な回答方法を、例文を使ってステップ別に見ていきましょう。

結論ステップ

「私は、モラルが無い人が苦手です。」

理由ステップ

「私の友人にも、駅のベンチに飲みかけのジュースの缶を放置したり、街中で歩きタバコをしたりする人がいます。そんな光景を見るたびに嫌な気持ちになったりします。」

対処方法ステップ

「なぜ大学生にもなってそんなことがきちんと出来ないのだろうかと思いますが、友人に対しては注意したり、友人の行為によってどんな迷惑がかかるか説明したりします。例えば歩きタバコをしている友人に対しては、タバコを持った手が子供の目線と接触しそうになって危険であることを説明したりします。」

面接で「苦手なタイプ」を質問する目的と対処法まとめ

面接で「苦手なタイプは?」と聞かれた時の対策を、例文を交えて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

人間には必ず苦手なタイプがいます。それは会社においても同じことが言えます。だからといって会社では相手を選ぶことはできません。苦手なタイプも尊重し、協力して成果を出していくことが求められます。

正直に話し、最後に前向きに対処できる自分をアピールすることが大切です。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。