面接で「趣味」を質問されときの回答法(例文あり)

面接で「趣味」を質問されときの回答法(例文あり)

面接の質問対策

就職活動では、面接で趣味の質問がされる場合がしばしばあります。仕事と関係のない質問に思えますが、学生の性格や気質を知る上での質問です。例文も参考にしながら、きちんと自己分析・質問対策を行い、就活におけるあなたのアピールにつなげましょう。趣味でも仕事の能力につながる場合もありますから、「無趣味です」と答えてしまうのはもったいないものです。

面接で趣味の質問をする理由

上記の通り、就職活動では趣味の質問がされる場合も少なくありません。一見仕事と関係ないようですが、面接で趣味の質問をする理由はいくつかあります。まずは、それぞれの理由について確認してみましょう。

お互いの緊張をほぐすため

面接という場は学生だけでなく、面接官も緊張するものです。面接官もできれば、就活生のよいところを引き出したいものです。そんなときに緊張をほぐすため、アイスブレイクとして趣味など、学生が答えやすい質問をする場合があります。また、たまたま面接官と共通の話題があれば、お互い一気に緊張がとれますよね。

面接官は就活生の人柄を知りたい

趣味は人の思うままにできるものですので、学生の性格がよく現れます。そのため面接官は趣味を通して、学生の気質に迫るという目的もあります。趣味には人柄が出るものです。

就活生の適正を知りたい

どんな仕事にも適正があります。コツコツと正確さを求めるものもあれば、アクティブに人とコミュニケーションを重視する仕事もあります。趣味を聞くことで、その学生の持っている資質を見ています。

趣味の質問に対する答え方

採用面接で趣味の質問をする意図は、思いのほかいろいろあるものです。しかし、どのような意図があったとしても質問対策は変わりません。
ここでは、回答のポイントと例文を示します。趣味の質問対策に役立てて下さい。

答え方のポイント

趣味の質問をする目的は、一言でいうとあなたの人柄を知るためということが多いようです。そのため、あなたの長所に関連付けて話すと良いでしょう。また、趣味を通じて人間的に成長した経験を話すのも良いと思います。
社会貢献ができている活動を行っている場合は、社会に対する意義を話すことも良いでしょう。

また趣味を通じて、仕事に必要な能力に気づいたり、能力を伸ばしたりしている場合もあります。もしあなたの趣味と仕事に関連する能力があれば、この点について触れるのも良いでしょう。

なお忘れてはいけないことは、この質問が、「採用面接での質問」であるという点です。要領よく説明できるかということも問われますから、冗長に説明してはいけません。ポイントを絞って簡潔に説明するようにしましょう。

趣味の内容よりも、その趣味から自分の得られたもの、考えを伝えましょう。

回答例文

回答の例文としては、以下のようになるでしょう。これは話が盛り上がった方の例といえると思います。
あくまでも一例ですので十分に自己分析した上、質問対策をするようにしましょう。

面接官:ところで、趣味は何なの?
学生:私は釣りが好きです。

面接官:なるほど、いいですね。趣味と実益を兼ねる趣味ですね。

学生:はい、それももちろんあります。釣りはのんびりできる趣味と思われるかもしれませんが、魚がかかった時の変化に気づき、タイミングを逃さずに釣り上げなければなりません。そのため、変化に気づく力と瞬発力も鍛えられる趣味であり、貴社での仕事に役立てると思っております。

面接官:頼もしいですね。お料理の腕もあるんですか?

学生:魚も自分で捌けますし、友人を呼んで釣った魚を料理し、パーティーを開いたりもしています。

こんな回答はやめましょう

いくら趣味の質問といっても、就活の場にはふさわしくない回答があります。以下のような回答は評価を下げる原因となりますから、避けるようにしましょう。

ギャンブルやナンパなど、社会的にマイナスイメージになるもの

ナンパや合法であってもギャンブルなどの社会的にマイナスイメージがある趣味は、面接では避けましょう。

嘘の趣味を答える

趣味が無い、または採用されたいがために、かっこいい趣味を言いたい学生もいるかもしれませんが、これは厳禁です。

面接で嘘をつく人は、職場でも正確に報告しない人と思われてしまいます。これは上司が誤った判断を下す原因ともなり、ときには企業の存続にかかわる事態となりますから、このような人を採用したいとは思わないでしょう。

「無い」と答えてしまう

趣味が無いと感じているからといって、「無い」と答えてしまうのも歓迎されません。企業からしてみれば、自己分析が不足していると判断されてしまいます。きちんと自己分析をしてみると、何か興味を持ったことが一つや二つはあるでしょう。学生時代をずっと学校の勉学だけで過ごしてきた人はいないと思います。もしそうだとしても、その中で特にどういったことを学ぶことが楽しかったかなど、掘り下げて人に話せるようにしてみましょう。これまでのことをもう一度振り返り、自分が熱中したことや興味を持ったことを整理すると、趣味の質問にも答えられるようになるでしょう。

まとめ

面接における「趣味」の質問は、緊張をほぐすための質問というだけでなく、学生の人となりを見抜くための質問であるといえます。趣味が無いと自分で感じている方はもう一度自己分析をしてみましょう。「趣味」に限らず、何気ない質問も採否に関わってくるのが就職活動です。抜かりない対策をしましょう。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。