面接での「何か質問はありますか」への上手な切り返し方は?

面接での「何か質問はありますか」への上手な切り返し方は?

面接の質問対策

就職活動中の面接の最後に面接官から聞かれる「何か質問はありますか」という質問。

皆さんならどのように回答しますか?
当たり障りなく「特にありません」と返しても問題はありませんが、自分で調べても分からなかったり、人事担当者に聞きたかったけれど聞き損ねていたことなどを解決する機会です。

せっかくなので、企業の理解を深めるためにも、また、あなたの企業への興味をアピールするためにもしっかりと質問対策をしておきましょう。

一見何気ない質問に思えるこちらにも、実は聞かれる理由があります。今回は、その理由とOK・NG回答の例文をご紹介していきます。

質問の理由

面接の最後に「何か質問はありますか」と質問するのは以下の二つの理由が主だと考えられます。

ミスマッチを防ぐため

入社後に「思っていたのと違う!」といったミスマッチを防ぐために質問の機会を設けています。

また、学生の疑問を払拭するのと同時に、その質問の内容から企業側もミスマッチがないか確認をしています。

企業への関心度合いを知るため

興味のある異性については、いろんなことを知りたいと誰しも思うはず。それと同じように、入社を希望する企業についての関心が高ければ高いほど質問はいろいろとあるものです。

この学生は何を知りたいのか、そこから見えてくる学生の素性もたくさんあるんですよ。

質問が思い浮かばない時はどう答えるべきか

どうしても質問したいことがなければ、「ありません」と答えてください。

無理やりひねり出して的外れなことを言うよりは、その方が無難です。

OB・OG訪問や会社説明会などで聞きたいことを全て聞いてしまい、面接当日に聞きたいことがなければ、「ありません」と答えるのではなく、「OB・OG訪問や会社説明会などでたくさん質問させていただきました。聞きたいことは全て解決しております。」と答えましょう。

準備万端の状態で面接に臨んでいるというアピールにもなります。

NGな質問とは

可能な限り「特にありません」という回答は避けましょうとお話ししましたが、とはいえ質問ならどんなもの
でもいいかというとそうではありません。

では、NGな質問とはどんなものなのか、考えてみましょう。

HPやパンフレットに書いてあったり、説明会で説明されたことを聞く

簡単に得られる情報を見逃して質問することは、企業研究を全くしていません、御社に興味はありません、と自ら言っているようなものです。

どんなに忙しくても、面接対策も兼ねて面接前に改めてHPやパンフレットに隅々まで目を通す程度のことはしておいたほうがいいです。

「やりがいはなんですか?」

筆者は元新卒採用担当者として年間約2,000名もの学生と接してきましたが、学生から聞かれる機会が多いのにあまり意味がないな、と思う質問No.1がやりがいを聞くものです。

会社説明会での質問や面接での質問でも本当によく聞かれるのですが、NGです。やりがいは会社から与えられるものではなくて、自分で見出すものだからです。

どんな人が働いているのか知りたいという気持ちもよく分かります。しかし、聞いた社員の人柄を知るくらいは出来ますが、小さな会社以外はその社員と一緒の部署に配属されて共に働く可能性は低いです。

どんな社員がいるのか、どんな気持ちで働いているのかを知りたいのであれば、「わたしは○○職を希望しているのですが、御社の○○職の方はどういったキャラクターの方が多いですか?(どんなキャラクターが求められると思いますか?)」というように、会社全体に関する質問の仕方に変えましょう。

特に面接官が役職者ならば、入社後にあなたに与えられる役割とは全く別の仕事を行っていて、その質問がなんの参考にもならないことは容易に想像がつきます。

とりあえずこれを聞いておけばOKと思っているという印象を与えかねませんので、やめておきましょう。

今後の展望、経営戦略や海外展開について

この質問も学生から聞かれる質問で多く見受けられますが、あまり賢明とはいえません。

一見とても前向きでよく勉強しているように見える質問ですが、面接官は当たり障りのないことしか言いませんし、あなた自身もどれくらい理解出来るでしょうか。

就活中に誰にも負けないくらい業界研究をし、面接官からの回答に逆質問出来るくらい自信があれば「よく勉強しているな」とプラスにとらえてもらえるでしょうが、理解出来ていないのに「ありがとうございます」と笑顔で返すだけなら別の質問をした方がいいです。

面接官は学生からよく聞かれるため、あなたが本当に知りたくてその質問をしたのか、それとも深く考えずに聞いたのか、その理由を簡単に見抜きます。

例文

まず大前提として、質問はいくつか考えておきましょう。グループ面接の場合は自分以外の誰かが同じ質問をしてしまう可能性があります。

その際、他の学生より目立とうと奇をてらったものを考える必要はありません。では、例文を見ていきましょう。

面接官「では最後に、何か質問はありますか?」
学生「御社で一目置かれている方はどのような方が多いですか?」

一次面接などで若手社員との面談のような面接ならば、「(面接官以外の)同期の中で一番活躍されている方はどんな方ですか?」と聞いてもいいですね。

また、「求める人物像で○○な人というのがあったのですが、××さんの印象でもそういった方は多いですか?」という質問もおすすめです。

面接官「では最後に、何か質問はありますか?」
学生「勉強以外に社会人になる準備として学生のうちにやっておいた方がいいことがあれば教えて下さい」

学生の本分は勉学ですから、勉強以外にと付け加えるのがミソです。

これを言わずに聞くと「勉強をしっかり頑張ってください」と言われてしまいます。「○○さんが学生時代にこれをやっておけばよかったなと思うことはありますか?」という聞き方でもいいですが、こちらだと後ろ向きな印象になりますので、例文のように先を見据えた質問の仕方だとよりよいです。

面接官「では最後に、何か質問はありますか?」
「おすすめの本があれば教えてください」

特に年配の面接官に有効です。筆者は大企業で働いてその間数多くの役職者と接してきましたが、役職についている方は往々にして本をよく読んでいたという印象があります。

中には読まない人もいるでしょうが、取締役や部長列による新入社員研修の際におすすめの本を紹介する方が多くいたので、喜んで教えてくれると思います。若手社員には「最近読んだ本の中で面白いと思った本はなんですか?」といった質問もいいですね。

余談ですが、就活が終わってからでもいいので教えてもらった本はきちんと読みましょう。特にその企業から内定をもらったのなら、入社後に話をするきっかけになるかもしれませんよ。

面接官「では最後に、何か質問はありますか?」
「不躾ですが同期で退職された方はいらっしゃいますか?」」

離職率を知りたい時に有効です。若手社員に「離職率を教えてください」といっても把握していないことが多いので、同期の退職人数を聞いてみましょう。

同期の人数により率が変わってくるので、「○○さんの同期は何名くらいですか?」と合わせて聞いてみてください。採用担当者に聞くよりもリアルな実情を知ることが出来るかもしれません。


まとめ

面接官は面接という非常に限られた時間の中であなたの情報をより多く得ようと考えています。あなたがどれほどその企業に興味があるのか、質問ひとつで面接官に伝わるのです。

「たかが質問ひとつで伝わるわけがない」と思いますか?しかしながら、面接官はあなた以外にもたくさんの学生に同じ質問を繰り返し、それに対する回答と態度、声のトーン、表情などをよく見ています。

その膨大なデータと比較をすれば、簡単に見抜かれてしまいます。
逆に言えば、あなたをアピールするチャンスにもなり得るのです。

たかが質問と軽く考えず、よく考えて面接に挑みましょう。

■面接で良く出る質問集、面接官の意図を理解し、適切にアピールする方法を例文付で解説(まとめ)


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。