面接で良く出る質問、逆質問など面接官の意図を理解し適切にアピールする想定質問集(まとめ)

面接で良く出る質問、逆質問など面接官の意図を理解し適切にアピールする想定質問集(まとめ)

面接の質問対策

今回は、就職活動やインターンの面接で良く問われる質問を頻出順に整理して例文付で解説します。

想定外の質問で動揺してしまい本来の自己PRができなかったら悔しいですよね。

大切なことは、採用担当者が「何故、その質問をするのか?」その意図を知ることです。

面接官のネライを理解し、自分を効果的にアピールする方法を例文とともに解説します。

これから就職活動を控えている就活生、インターンにチャレンジする学生は、ぜひ、一度、目を通しておきましょう。

必ず役に立ちます。

ページ内容

■面接で絶対に聞かれる質問

面接官が必ず質問する定番の質問です。
相手企業を研究した上で、考え方や構成など、しっかりと対策を練っておきましょう。

 

「志望動機を教えてください」

就職活動中、エントリーシートや面接で必ず聞かれる質問に志望動機があります。

面接官は「何故、うちに入社したいのか?」当然、知りたいし、かつ、学生の本気度をはかる重要な指標になります。

これがグダグダだと「熱意がない」とみなされます。

でも大丈夫です。難しく考える必要はなく、順番に考えていけば簡単に作ることができます。

その方法を例文を交えてご紹介しますので、参考にしてみてください。

■志望動機の作り方、書き方を解説

 

「自己PRをしてください」

面接にエントリーシート(ES)にあらゆる所で必要な自己PR。

自分をアピールするために、数パターン用意をしておくと企業によって使い分けができます。

就活生に向けて自己PR作りの基本的な考え方を分かりやすくまとめてみました。

この自己PR作りの基本を、面接やエントリーシート、就職活動にお役立てください。

■自己PRの組み立て方、作り方、書き方を解説

 

「学生時代に力をいれたことを教えてください」

「学生時代に打ち込んだこと」「学生時代に頑張ったこと」「学生時代に力をいれたこと」。

いわゆる「ガクチカ」と呼ばれる定番質問です。

書類選考でも面接でも必ずと言っていいほど聞かれますし、合否に大きく影響すると言っても過言ではありません。

どのようにすれば学生時代に頑張ったことは伝わりやすくなるか? その設問のネライも含めて例文つきで解説します。

■「学生時代に頑張ったこと」ガクチカ!の作り方

 

「自己紹介をしてください」

自己PRと自己紹介。実は求められる要素が全く異なります。

これらの違いを知らないと、「空気を読めない」と見なされてしまうかも・・・。

ここでは、面接やエントリーシートに臨む就活生のために、自己PRと自己紹介の違いを例文つきで解説します。

■自己紹介と自己PRは違う!間違えない応答法

 

「何か質問はありますか?」

最後に面接官から聞かれる「何か質問はありますか」という質問。

皆さんならどのように回答しますか?

当たり障りなく「特にありません」と返しても問題はありませんが、自分で調べても分からなかったり、人事担当者に聞きたかったけれど聞き損ねていたことなどを解決する機会です。

せっかくなので、企業の理解を深めるためにも、また、あなたの企業への興味をアピールするためにもしっかりと質問対策をしておきましょう。

一見、何気ない質問に思えるこちらにも、実は聞かれる理由があります。

その理由とOK・NG回答の例文をご紹介していきます。

 

■「何か質問はありますか?」への上手な切り返し方

 

「他社の選考状況を教えてください」

企業側も就活生がどこの会社を受けて、選考がどの程度進んでいるのか? 気になります。

正直に話すことにより評価が上がるのか、下がるのか・・・。就活生としては判断が難しいですよね。

そこで、面接で他社の選考状況を聞かれたときの答え方を例文とともに説明します。

■答えにくい・・・他社の選考状況を聞かれたときの正解な回答法

 

「なぜ、他社ではなく当社なのか?」

面接官は、同じ業界の他社の採用面接を受けていることを知っています。

そこで、「A社ではなく、なぜうちのなか?」という質問がでてきます。

志望動機を一歩深く、他社との違いをうきぼりにして熱意を伝える必要があります。

そのためのネタをきちんと作っておきましょう。

■「なぜ、当社なのか?」面接の質問に答えるためのネタの作り方(例文あり)

 

「第一志望ですか」

就活中には、面接で「第一志望ですか?」と聞かれることが多々あります。

本当に第一志望だったらば良いですが、そうでなかったときにどのように答えれば良いのでしょうか?

正直に話すべきか、返答に困りますよね。「第一志望ですか?」と問われたときの対処法や回答方法を例文とともに説明します。

■面接で「第一志望ですか」問われたときの回答方法(例文あり)


■仕事への考え方を問う質問

就活生が仕事をどのように考えているかを問う質問です。

問われて「考えていません」ということにならないように、

自分なりの答えを用意しておくことがポイントです。

 

「入社後にやりたいことはなんですか?」

面接で「入社後にやりたいことはなんですか?」と問われることがあります。自分のやりたいことを適切に答えられれば、採用試験で高い評価を得られるでしょう。

ここでは、面接官から「入社後にやりたいことはなんですか?」と問われたときの考え方や答え方を解説します。

■「入社後ににやりたいこと」を面接で質問されたときの回答ポイント

 

「希望職種を教えてください」

「希望職種」を問われて、ただ「営業」や「技術開発」と答えるだけでは全くの不十分です。

仕事への理解と、根拠をきちんと整えてアピールしましょう。

今回は、採用担当者から「希望職種はありますか?」と問われたときの対策方法や考え方を、例文を交えてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

■面接で希望職種を質問されたときの回答法

「希望しない部署へ配属されたらどうする?」

学生の会社や仕事に対する考え方を聞く質問で「希望する職種以外の部署に配属されたらどうするか」といった質問があります。

どのように考え、どのように、答えればよいのか? 例文を参考にしっかりと質問対策をしておきましょう。

■面接で「希望しない部署へ配属されたらどうするか」という質問の目的と対処法

 

「学生と社会人の違いは?」

「学生と社会人の違い」も本人の仕事感に繋がる質問です。質問の背景と、どのように答えるべきなのか例文をあげてお話をしたいと思います。

■面接で「学生と社会人の違い」を聞かれる意図と理想の回答

 

「転勤の可能性があります」

「当社は、人事異動による転勤がありますが、大丈夫ですか?」と面接で聞かれることがあります。

正直に「転勤は希望しません」と言うべきでしょうか?

転勤の可否を聞かれた際の上手な返し方を例文を交えてご紹介していきます。

■面接で「転勤」について質問されたときの上手な返し方

 

「あなたのキャリアプランは?」

就活(就職活動)の面接で「あなたのキャリアプランについて語ってください」と問われることがあります。

いきなり聞かれると答えにくい質問ですよね。

ここでは、面接でキャリアプランを質問されたときの対処法やポイントを例文つきで解説します。

質問に的確にこたえられるように質問の意図を理解し、準備をしておきましょう。

■キャリアプランを面接で質問されたときの回答ポイント

「5年後の自分は?」

上に似た質問ですが、よる具体的に5年後の自分がどのように成長しているか答える必要があります。
考え方と例文を参照に準備しましょう。

■5年後の自分を問われたらば?

 

「内定を出したら入社しますか?」

就活の最終面接や最終前の面接で聞かれることのある「当社が内定を出したら入社しますか?」という入社の意思確認。

こんなとき、他社の選考状況を素直に言うべきなのか、「入社します!」と即答すべきなのか、なんと答えていいのか悩みますよね。

ここでは、就活中の入社意思確認についての質問対策を例文つきで伝授します。

■面接で入社の意思を確認されたときのベストな対応

 

「最近の気になるニュースは?」

就活の面接で「最近気になるニュースはありますか?」と質問されることがあります。

いきなり聞かれるさすがに良い答えを出すのは難しいですよね。

面接官の意図を的確に察して、自己PRや志望動機の強化につなげるためには、事前の準備が必要です。

今回は、面接で「気になるニュースは?」と聞かれたときの対応方法とコツを、例文を交えて説明します。

■面接で「気になるニュース」を質問されたとき対処法


■人柄を問う質問

企業が新卒採用で重視する項目では、1位は「人柄」(89.4%)、2位は「その企業への熱意」(78.3%)、「今後の可能性」(69.9%)(リクルートキャリア調べ)。

つまり、面接官は、人柄を最も重視しています。

ここで紹介するのは、あなたの人となりを知るために採用担当者が投げかける質問です。

記事を参照に、自分の人柄が伝わるようなアピール方法を学んでいきましょう。

 

「失敗や挫折の経験を教えてください」

就活の面接で「失敗の経験」を質問をされたとき、面接官の意図をくみとり適切に答えましょう。

コツやNG例を紹介した上で、回答の例文を紹介しますのでぜひ参考にしてください。

■面接で「失敗の経験」を質問をされたときの回答のポイント

 

「短所を教えてください」

これも定番「あなたの短所を教えて下さい」。

マイナス面をアピールする質問ですが、うまく答えることで、プラスの印象を与えることができます。

面接の質問で「あなたの短所を教えてください」と問われたときの考え方、対応方法を、例文とともに解説します。しっかりと質問対策をしておけば就職活動を乗り切る武器になりますよ。

■面接で「短所」を質問する目的と、好印象の対処法

 

「長所を教えてください」

「短所」と対をなす「長所」に関する質問です。
いざ、面と向かって「あなたの長所はどんなところですか?」と質問されたたときに、

困らないように就活に役だつ自分の長所の見つけ方や、表現方法を例文を交えて解説します。

■面接で「長所」を聞かれたときどう答える?!

 

 

「あなたの性格は?」

面接官から性格についての質問をされることがあります。

自分の性格は分かっているようで分かっていなかったり、自分のことであるため、かえって上手に表現できないこともあります。

この記事では、採用担当者からの質問で「自覚している性格」について質問されたときの対応方法を解説します。

■面接で「性格」に関する質問がでたときのベストな回答法

「あなたの趣味は?」

仕事と関係のない質問に思えますが、趣味は、学生の性格や気質を知る上での質問です。

例文も参考にしながら、きちんと自己分析・質問対策を行い、就活におけるあなたのアピールにつなげましょう。

趣味でも仕事の能力につながる場合もありますから、「無趣味です」と答えてしまうのはもったいないものです。

■面接で「趣味」を質問されときの回答法

「好きな言葉」

就活の面接で「好きな言葉」を問われるシーンがあります。

とっさに答えて、その場しのぎの回答にならないよう、面接官の目的を知り対策と準備をしておくと良いでしょう。

ここでは、「好きな言葉は何ですか?」と質問されたときに、後手にまわらないように、例文を交えて質問対策を紹介します。

■面接で「好きな言葉」を質問されたときの回答のポイント

 

 

「あなたの将来の夢は?」

純粋に自分の夢を語るのか、なりたい自分を語るのか、仕事内容を深くからませるのか、迷いますよね。

今回は就活の面接で聞かれる「将来の夢」に対する例文を使った質問対策を例文を交えて紹介します。

■面接で「将来の夢」を質問されたときのベストな答え方

 

「尊敬する人物は?」

就職活動の面接で「あなたが尊敬する人は誰ですか?」という質問を投げかけられることがあります。

尊敬する人物の名前をあげるだけで終わってしまい、自己アピールにつなげられない学生も多いでしょう。

「両親」など無難に答えるべきでしょうか? 京セラの稲盛氏など仕事につながる話をすれば良いのでしょうか? 偉人や歴史上の人物を語って個性をだした方が良いのでしょうか?

いづれにしても、考え方を整理しておいた方がいいですよね。

■面接で尊敬する人物を聞かれたときの回答方法

 

「苦手なタイプは?」

就活の面接では得意な質問もあれば、苦手な質問もありますよね?

その中でも、「苦手なタイプは?」というネガティブな質問は、下手をすると「悪口を言っているだけ」になってしまうため、適切な回答が必要です。

就活の面接で聞かれる「苦手なタイプは?」という質問に対する回答を例文を用いて解説します。

■面接で「苦手なタイプ」を質問する目的と対処法


■学生時代の経験を問う質問

学生時代にどのような活動をしてきたのか? 問いかける質問です。

その行動を通して得た経験をベースに、何を学び成長したか?

そのストーリーから想像される人柄を上手にアピールすることができれば成功です。

 

「アルバイトは何をしていましたか?」

アルバイト経験をアピールポイントとにしたい学生は非常に多いです。

つまり、多くの学生に埋もれてします可能性があります。

その中で、うまく自分を表現する方法を身につけましょう。

■面接で「アルバイト」に関する質問が出たときの対処法

面接でアルバイト経験を聞かれたときのアピール例(例文あり)

 

「ゼミではどのような勉強をしていましたか?」

ゼミの活動をどのように表現するのか? ゼミに参加していないんだけど・・・、など、回答に困ることもありますよね。

ここでは、面接官から「ゼミ」に関して聞かれたときに、効果的に自己PRや志望動機を強化する対応方法とコツを、例文を交えながら新卒の就活生に役に立つ情報をお伝えします。

■面接で「ゼミ」に関して質問されたときの答え方

 

 

 

「その学部を選んだ理由は?」

学部を選んだ理由は答えにくい質問かもしれません。

「偏差値が高かったから・・・」という人も多いでしょう。

学部を選んだ理由を質問する意図は、あなたが一貫性のある人か、また目的をもって事にあたる人かということを見極めるために行うものです。

例文も参考にして入念に質問対策を行い、良い就活につなげましょう。

■面接で学部や学科について質問されたときの答え方

 

「卒論はどのようなテーマですか?」

就活の面接で、卒論や卒業研究のテーマを聞かれた時には、どう答えれば良いのでしょうか?

面接官の意図を間違えて答えないように、この記事では、質問者の意図を理解した上で、回答のポイントを解説し、例文も紹介します。しっかりと質問対策をしましょう。

■面接で「卒論のテーマ」を語るときのおさえたいポイン

 

「あなたはSNSを使っていますか?」

就活の面接で「あなたはSNSをやっていますか?」と質問される場合があります。

本当のことを言うべきでしょうか? やっていなかったらITリテラシーは低いと評価されてしまうのでしょうか?

■面接で「SNSを使っているか?」と聞かれた場合の対処法(例文あり)

 

「なぜ留年したのですか?」ピンチをチャンスに変える対処法

履歴書を見て、留年を問われることがありますよね。

就活生にとっては不利な要素ですが、適切に対応すれば、このピンチをチャンスに変えることもできます。

留年に関して問われた時の対処法を、例文も交えて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

■面接で「留年」を問われたとき、ピンチをチャンスに変える対処法


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。