面接で待機中の過ごし方。やってはいけないことと、やったほうが良いこと

面接で待機中の過ごし方。やってはいけないことと、やったほうが良いこと

面接対策

面接のときに待ち時間があります。

いつ呼ばれるのか、ドキドキして落ち着かない気分ですよね。

心が落ち着かないとは思いますが、そのときにやるべきとと、やってはいけないことをまとめました。

今回は待機時間にやってはいけないこと、待機時間の過ごし方をご紹介します。

 

面接までの待機時間にやってはいけないこと5つ

まずは面接までの待機時間でやってはいけないことをご紹介します。

スマホを見る・触る

スマホに履歴書のデータがあるからといって見るのはやめましょう。

たとえあなたが履歴書のデータを確認していても、周りからはSNSを見てるかもしれないと予想されてしまうので、誤解を与える行為は控えるべきです。

 

他の応募者と私語

集団面接や面接時間が同じ応募者がいる場合緊張をほぐすために話したくなってしまうかもしれません。

しかし、私語はつつしみましょう。

仮に話しかけられてしまっても、挨拶程度ですませて、話を広げないようにしましょう。

 

身だしなみを整える

多少整えるならば問題はありませんが、身だしなみを整えるのは会社に入る前に済ませましょう。

もし気になる場合はお手洗いで身だしなみを直しましょう。

 

電話をする

急用の電話や企業からの電話であっても待機時間に電話にでるのはやめましょう。

待機室やエントランスに人がいたりしては迷惑になってしまいますし、面接の順番がきても電話を切れなくなってしまう場合があります。
電話がきた場合は、面接が終わって会社を出てから折り返し電話をかけるのがマナーです。

 

居眠りをする

最近忙しくて前日に全然寝られなくて寝てしまうということはないようにしましょう。

企業の方に対してとても失礼な行為です。

面接の前夜はしっかり睡眠をとりましょう。

 

面接前の過ごし方5つ

では面接前にやってはいけないことがあるなら、面接前はどのように過ごすと良いのかご紹介します。

10分前には到着する

5分前行動ではだめなの?と思うかもしれませんが、少し余裕を持って10分前にくると安心です。

逆に30分も前にきてしまうと企業側に迷惑をかけてしまう場合があるので、早く着いてしまった場合には近くのカフェで履歴書の確認などをして時間を過ごしましょう。

 

Q.遅刻してしまいそうだったらどうしたらいいの?
A.遅刻がわかった時点で電話をしましょう。遅刻時間によっては面接時間が大幅に変わったり、別の日に変わることがあります。

その調整をする必要が企業側にあるので、わかった時点で連絡を入れてください。

トイレは済ませる

面接中はトイレにいきたくなってもいけません。なのでお手洗いは事前に済ませましょう。

我慢できるから大丈夫』と思っていても面接中は緊張してしまい、トイレを我慢してしまうと余計頭が回らなくなってしまい自分の

言いたいことが言えなくなってしまうので、あらかじめ済ませておきましょう。

 

スマホの電源は切る

メールやSNSの通知が来ているのを見てしまうと気になってしまい面接に集中できなくなってしまうのでスマホの電源は切っておきましょう。できれば会社に入る前に切るのがいいです。

誤解を与えないためにも、余裕をもって電源を切りましょう。

 

面接で話すことの準備

スマホで履歴書のデータを確認していると遊んでいるように見えてしまいますが、手帳や紙の場合は悪い印象を与えることはないので、面接に向けて話すことの確認などが必要であれば履歴書やESの確認しても大丈夫です。

また、志望動機や自己PRなどのメモを準備して確認しましょう。

その際、全文を書いた紙を用意して完璧に暗記しようとすると、ロボットのように読み上げるような感じになってしまうので、

無理に暗記しようとせず、要点を箇条書きにしたメモを用意し、話すポイントを確認するようにしましょう。

 

リラックスする

面接はどうしても緊張します。

適度な緊張は必要ですが、過度な緊張はパフォーマンスを落とします。

緊張をほぐす方法を自分なりに準備しておきましょう。

おまじないでも良いですし、好きなコトを考えるのも良いです。

本を読むでも良いです。

特定のツボを押す・・・などでも良いです。

人間観察も良いかもしれません。

音楽を聴く・・・は待ち時間ではNGです。

自分でリラックスできる何かを用意しておきましょう。

 

会社の雰囲気を確認

学校と会社では雰囲気が違いその雰囲気で緊張してしまうこともあるので、雰囲気を確認して慣れられるととても良いです。

他にも雰囲気を確認することでその会社が自分に本当に合っているのかなどの確認にもなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

面接前の待機時間はとても緊張してしまいます。

しかし面接で緊張しないために待機時間でリラックスできるように心がけたいですね。

スマホに関しては面接が終わってからすぐ見るのはNGです!

なので社会に入る前に電源を切り、会社から出たら電源を入れましょう。

 

面接は面接前から始まっています。

みなさんが自分の面接を振り返ったときに心配要素が少しでも減るようにするために今回紹介したことに気をつけてみてください。

 


お気に入りにする
就職活動やインターンの情報満載 学生のためのメディア 「キャリアゲイト」の編集部です。 学生の役に立つ情報を配信していきます。